ドアのロックは、必ずキーを使って操作することを徹底
 

インキー

リモコンドアロックやインテリジェンスキーなど、クルマの施錠システムはますます進化を遂げているが、ドライバー側のうっかりミスによるキーの閉じ込み(インキー)までは防ぐことができない

クルマに乗っている人なら、誰でも一度はキーの閉じ込み(インキー)をしてしまった経験があるのではないでしょうか。最近はリモコンでドアのロックを操作するクルマがほとんどですし、一部のモデルではキーを身に着けているだけで、ロックの開閉からエンジンの始動までができるようになっていますから、キー閉じ込みのトラブルも以前よりは少なくなっていると思いますが、それでもうっかりミスはなくなりません。

ひと昔前のようにキーやドアノブの操作で施錠していたときには、キーをクルマに差したまま、ドアノブでロックしてしまったというケースが多かったようですが、リモコンで施錠操作をすることでそうしたケースはかなり減ったはずです。

逆にリモコンの操作すら不要なインテリジェンスキーが増えたためか、バックやカバンなどにキーをしまい、そのバックごとトランクに入れて、うっかりトランクを閉めてしまうというこれまでとはちょっと違ったキー閉じ込みの事例が増えているようです。

そんなキーの閉じ込みを防止するにはどのようにすればいいでしょうか? まず、リモコンなどが付いていない昔ながらのシンプルなキーの場合は、ドアをロックするときはキーで操作するよう徹底するに尽きます。リモコンキーの場合も同様に、ドアのロックは必ずリモコンで操作するようにすれば、閉じこみを防げるはずです。

では、インテリジェンスキーはというと、これはバックなどにはしまわずに、ポケットに入れるなどして自分の身に着けることです。ただし、ちょっと注意したいのが、ジャケットやコードなどの上着です。車内で脱ぐ可能性のある上着は、バックなどと同様にトランクにしまうこともあるので、やはり避けた方がいいでしょう。

もっとも最新のモデルでは、インテリジェンスキーをトランクに入れたまま、トランクリッドを閉めてもロックせず、警報などを発して知らせてくれる機能が備わるようになってきましたから、今後は徐々にそうしたトラブルも減ってゆくのかもしれません。

その他にも、すべてのタイプに共通する対策法として、スペアキーを別に持ち歩く。スペアキーをクルマの下側などに隠しておくなどの方法も考えられますが、いずれも一長一短であまりおススメの方法とは言えません。まずはキーを閉じ込めないように、上記のようなロックの方法を徹底することが第一です。

では、実際にキーを閉じ込めてしまった場合には、どうすればいいでしょうか。これはもう無理に開けようとするのではなく、素直にロードサービスを頼みましょう。ただし、一部の輸入車では、従来のような方法で簡単にドアロックを解除できないようになっているモデルもあるようですから、注意が必要です。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。