エンジンが掛からない原因は?バッテリー上がりだけではない!

エンジン始動
セルの回転が弱々しくエンジンが掛からない場合、全ての電装品をオフにして数分置いてから再度始動させてみると、エンジンが掛かることもあります
キーを回してもエンジンが掛からないとき、まずは何が原因でエンジンが掛からないのかを特定することが大切です。エンジンが掛からないからといって、すぐにバッテリーが原因と決め付けてしまっては解決する問題も解決しなくなってしまうからです。例えば一度エンジンが掛かったのにすぐストップしてしまった、などという場合、実はガス欠が原因だったというのもよくある話です。

では原因の特定方法ですが、まずはエンジンが掛からない状況について考えてみてください。ポイントはセルモーター(エンジンを始動するモーター)の作動音です。キーをひねったとき、通常であれば「キュキュキュ」と数回クランキング音が聞こえた後にエンジンが始動しますが、そのクランキング音が「ウォンウォンウォン」と弱々しい場合には、バッテリーが弱っている可能性が大です。この場合は後述する救出法で、復帰できる確率が高いといえます。

次にいくらキーをひねっても、セルモーターが全く作動しない場合ですが、これはバッテリーの放電がかなり進行していることが考えられます。ポイントとしては、キーをオンの位置まで回したときに、メーターパネル内の各チェックランプが点灯するか、という点を確認してください。チェックランプは正常に点灯しているが(もしくは光り方が弱い)、クランキングしないという場合は、バッテリーがかなり放電している可能性が高いです。スモールランプなど、消費電力が少ない電装品を作動させてみて、弱々しくても作動するようであれば、なんとか救出可能な場合もあります。

チェックランプすら点灯しない、クランキング時に異音がする、エンジンが掛かってもすぐにエンストしてしまうという場合には、配線の不具合やリレー、ヒューズ、セルモーター、燃料系統など様々なトラブルが考えられますので、本格的な点検修理が必要となります。意外と見落とされがちなのが、少し前にバッテリーを交換していたり、ターミナルを外す作業を行っていて、その後ターミナルの接続端子をしっかりと締めていなかったために、徐々に緩んで接触不良を起こしてしまうケースです。その場合は、バッテリーターミナルの緩みをチェックしてみると判別できるはずです。

次ページではバッテリー上がりの対策法を紹介します