背すじが伸びると胸のハリがUP↑↑

女性らしさや若々しさをアピールできる美しい背中のライン
背中は、あなたのカラダを美しく保つ上で、決して二の次にしてはいけない部位。

なぜなら、人は正面よりも斜めから相手のことを見ることが圧倒的に多いのです。その時一番目立つのが、背中のS字カーブと呼ばれる、しなやかなラインなのです。

美しい背中のラインをキープするコツは、背筋に沿ってついている”脊柱起立筋”という筋肉をほぐして鍛えること。この筋肉を柔らかく保ちながら、強く整えることで、締まっていながら女性らしさを失わない背中がつくれます。

また、背すじを整えるとバストとの差が自然にでき、ボディラインにメリハリが生まれます。背中を整えるだけで、バストに張りが!そんな2度おいしいところが、背中メイキングの醍醐味です。

背骨をねじってコリを取る→まずは柔らかく

背中に疲れが溜まって、血流が悪くなると、どんどん背中に脂肪が溜まっていきます。まずは背中のコリをほぐしましょう。リラックス効果が得られる気持ちのいいヨガポーズです。

【仰向けのねじりのポーズ】


 
(1)骨盤を安定させ仰向けになる。

 
(2)左の太ももを右脚に掛け、さらに足をくぐらせ、左足の甲を右ふくらはぎに添える。

 
(3)両手を広げ<息を吸い>、<吐きながら>両足を右へ、頭は左へ倒す。

この姿勢で5呼吸繰り返す。じんわりと背中のコリをほぐします。
左右の脚を入れ替えて、反対側も同様に行いましょう。