写真のタイトル
はじめのポーズをとるだけでも、骨盤が整います。ぜひ、毎日続けましょう。

骨盤に効くポーズです

蹠(かかと)を合わせてすわる「合蹠(がっせき)」は骨盤の開閉力を高める効果があり、出産を控えている人には必修とも言うべきポーズです。

骨盤はいくつかの骨がつながってドームを作っていますが、そのつなぎ目がやわらかいとお産に有利。このポーズは、特に後ろの大きな平たい骨=「仙骨」と左右に張り出した「腸骨」とをつなぐ「仙腸関節」をやわらかくしてくれます。

合踵のまま前屈するのが「合蹠前屈」です。自分が倒せるところまででかまいません。息を吐きながら、むしろ力を抜いて倒すのがコツ。胸より腰を押し出すようにします。

 

かかとを合わせて引き寄せます。 足の親指を持ち、息を吸い入れながら、背骨をきちんと立てます。

 
 

息をゆっくり吐きながら、腰を押し出すような気持ちで前屈します。
(息を吐き切るのと、おでこが床につくのが同時になるように)
はじめはこんなに倒れませんが、無理をしないで‥‥
自然呼吸で10~20秒保ちます。

息を吸いながら背中を起こします。 よく伸ばした部分に意識を置きます。



イラスト・平井さくら

◆友永先生のヨーガボーズ指南
【写真&イラスト解説】 ヨーガボーズの気持ちよさを、今すぐに感じられるポーズ集。この順番に上から下へおこなっていくとベストコースです(所要時間20~30分です)。

指導・友永淳子先生(友永ヨーガ学院院長)
友永ヨーガ学院ホームページ
友永ヨーガ学院マタニティコース
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。