はじめは、心臓に遠いところから動かしましょう

ヨーガの効果を高めるには、準備体操で身体をやわらかくしてから始めます。

足首の体操は、どんなに時間がなくてもこれだけはやってほしいくらい大切な運動です。足には全身のツボがあり、足の状態は頭脳や内臓の動きを最もよく現しているといわれます。続いて、手首を回しましょう。手にもたくさんのツボがあり、脳や内臓の血行とつながっています。

首も回しましょう。首が緊張しすぎたままだと、目や鼻にもトラブルが起き、顔の左右差も大きくなります。

足首の運動

(1)回転させる
(2)つま先を手前に引いたり、向こうに倒したりする
(3)内向きに倒したり、外向きに倒したりする

 

手の運動

正座、あぐらなどで楽にすわって。
手首をていねいに回転させます。

 
 
 

首の運動

前後・左右に倒して十分伸ばしてから、
ゆっくり大きくていねいに回します。
一周に20秒くらいかけて‥‥
痛いところがあったらそこでじっと止め、
息を吐きながら緊張が消えていくのを感じましょう。

 

準備体操が終わったら、さあポーズをやってみましょう!
猫の体位/ねじりのポーズ/前屈の体位/骨盤を開く体位/橋の体位/ワニの体位 /くつろぎの体位

◆友永先生のヨーガボーズ指南
【写真&イラスト解説】 ヨーガボーズの気持ちよさを、今すぐに感じられるポーズ集。この順番に上から下へおこなっていくとベストコースです(所要時間20~30分です)。




◆ポーズの撮影に協力して下さった妊婦さんです◆
千葉好音さん(妊娠31週)
ヨーガはまだ始めたばかりだけれど、学生時代に新体操をしていたという千葉さんです。「ヨーガはとても気持ちがいい!」
池田奈緒美さん(妊娠39週)
妊娠5ヶ月から友永先生のマタニティコースに通っていて、妊娠中ずっと快調でした。出産前最後のレッスン日に撮影させていただきました。
イラスト・平井さくら
友永ヨーガ学院ホームページ
友永ヨーガ学院マタニティコース
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。