コンシェルジュの語源

もともとは「建物の管理人」「ホテルの鍵を管理する人」という意味だった。

もともとは「建物の管理人」「ホテルの鍵を管理する人」という意味だった。

コンシェルジュ(concierge)は、もともとフランス語で「建物の管理人」を意味する単語だったと言われています。その後ヨーロッパで「ホテルで鍵を管理する係」として使われるようになり、さらに解釈を広げて、ホテルのお客様の要望や案内を行う「総合世話係」を担うスタッフを指す言葉となりました。

ホテルのコンシェルジュと言えば、お客様のあらゆる要望に決して「NO」とは言わず、お客様を大切にするイメージがあり、単なる管理人とは違いますね。

マンションのコンシェルジュとは

マンションのエントランスで「おもてなし」をしてくれる。

マンションのエントランスで「おもてなし」をしてくれる。

マンションで使われるコンシェルジュ(コンシェルジュ・サービス)とは、スタッフがマンションのフロントにてマンションの居住者に対し、さまざまな生活サポートを行うサービスを指します。

マンションに同サービスを取り入れ始めたころは、高級マンションに「ホテルライクな充実したサービス」「おもてなし」という付加価値をつけるために用いられていたようです。しかしながら最近では一般的な大規模マンションでも取り入れるケースが増えてきました。

コンシェルジュ・サービスの内容

サービスの内容は、生活の中で困ったことを解決するサポート的なものが多くなっています。ミニコンビニエンスやカフェの営業サービスを担うこともあります。

■サービスの時間帯
マンションにおけるコンシェルジュ・サービスは、物件により専任スタッフが24時間常駐するもの、昼間だけ常駐するものと、サービスの時間帯はまちまちとなっているようです。

■案内・受付
・館内設備や周辺情報の案内
・共用施設の予約受付
・共用施設使用料の徴収代行
・来訪者の受付・案内
・メッセージ預かり
・バイリンガルサービス

取次・手配
・荷物の一時預かり
・クリーニングの取次
・宅配便の発送受付
・郵便物の発送
・コピー・FAX送信サービス
・タクシー・ハイヤーの手配
・レンタカー紹介
・ハウスクリーニング紹介
・ベビーシッター紹介
・リフォーム業者紹介
・花の宅配
・デリバリー・ケータリングサービス紹介
・家具リース手配
・清掃用品レンタル紹介
・はがき・切手の販売  など

ショップ
・ミニコンビニエンス
・カフェ ・・・コーヒーや焼きたてパンの販売など

※サービスの内容は物件ごとに異なるので確認してください。

スタッフの応対
もともと「ホテルのコンシェルジュ=おもてなし」の精神が基本なので、スタッフには丁寧で行き届いた対応が期待できます。また外国人の居住者向けに、英語が話せるスタッフをおく「バイリンガルサービス」があるところも。

次のページでコンシェルジュ・サービスのメリット・デメリットなどを考えてみましょう。