ショッピングで役立つ、トルコ語基礎フレーズ

トルコ語を使うとお買い物も楽しくなりそう

トルコ語を使うとお買い物も楽しくなるかも!

まず、欲しい商品があるかどうかを聞きます。例えば「スカーフ」=“Esarp”(エシャルプ)を買いたい場合、

スカーフありますか?
Esarp var mi ? (エシャルプ ヴァル ム?)

と聞くことができます。「~ありますか」というのは“~var mi ?”と表現され、「ある」という存在を表す言葉はトルコ語で“var”。つまり、お店の人の返事としては

あります Var(ヴァル)/ありません Yok(ヨック)

の二種類があります。このVarとYokという表現は、他にも色々な場面で使えますよね。
ショッピングはトルコ語を試す絶好のチャンス

ショッピングをする中で必須トルコ語はマスターしてしまいそう

そして今度は値段を聞きます。

いくらですか?
Ne kadar ? (ネカダル)

値段を言われたけれども、良く分からなかった場合には、

書いてくださいませんか?
Yazar misin ? (ヤザール ムスン)

と言ってみるのもいいでしょう。この他、ショッピングで使いそうな表現は下記の通りです。

大きい Buyuk(ビューク)/小さい Kucuk(クチュック)

もっと小さいのがありますか?
Daha kucuk var mi ? (ダハ クチュック ヴァル ム)

(値段が)高い Pahali(パハル)/(値段が)安い Ucuz(ウジュズ)

これはとても高いです
Bu cok pahali(ブ チョック パハル)

もっと安くしてくれませんか?
Daha ucuz olur mu ? (ダハ ウジュズ オルル ム)

パザール(市場)などでは値切りが基本!

パザール(市場)などでは値切りが基本!

デパートなどのきちんとしたお店で値切り交渉は難しいですが、エジプシャンパザールやグランドバザール、そして町の市場などでは、むしろ値切り交渉そのものを楽しみたいもの。そんな時、このトルコ語の文をサラッと言うことができるだけで印象は随分変わりますよね。頑張って暗記して行きましょう! 最終決定をした後はこちらの表現が便利。

これを買います
Bunu istiyorum (ブヌ イスティヨルム)

(何も)買いません
(Bir sey) istemiyorum ((ビルシェイ) イステミヨルム)