太らないビールの飲み方

■ おつまみ選びのコツ
太りにくいおつまみは?

太りにくいおつまみは?


ビールと一緒に食べても太りにくいものとして、次のものがオススメです。
  • アブラが少ない高たんぱくのおつまみ……豆腐類、鶏のササミやムネ、内臓(ハツやセンマイ)、馬肉など。良く噛んで食べると、代謝を高めてくれる効果がアップ!
  • 食物繊維が多いおつまみ……きのこや海藻、野菜の料理などを、ビールを飲む前に食べると、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので、飲んだビールが体脂肪になりにくいです。他にも切り干し大根、かぼちゃ煮、ひじき煮、などのお惣菜や納豆、枝豆もおすすめです。
  • 良く噛む必要があるもの……野菜スティック、ゴボウ、こんにゃく、イカの干し物など。食べすぎを防いでくれます。

■太らないためのビールの飲み方
やはり、全体量を抑える工夫が必要。ダイエット中は、
  • 小さなジョッキで飲む
  • とにかくゆっくり飲む
  • 間にお茶などノンカロリーのソフトドリンクを挟む
  • 飲みに行く頻度を下げる
  • ノンアルコールの日を設ける
などの工夫をして、ビールを飲む量を減らすことも必要ですね。

また、上の段落でも触れましたが、「ビールを飲む前に、食物繊維を多く含むおつまみを食べる」と、ビールが体脂肪になりにくいのでおすすめですよ。

■カロリーを知り、上手に活用
ビール・発泡酒・新ジャンルなどの区別によるカロリーの差は基本的にありません。アルコールが低いものは低カロリーで、アルコール度数が高いものはカロリーが高め。また、飲んだときのコクを重視してつくられたしっかりした味わいのビールは、カロリーも高めです。


アルコールはエンプティカロリー?

============================
……ビールのカロリーの大部分は、アルコールに由来します。アルコールのカロリーは血行の促進や体熱の上昇などに多く消費されるため、パンや米などの炭水化物のカロリーと比較して、グリコーゲンや脂肪となって身体に蓄えられることは少ないといわれています。ビールには胃液の分泌促進作用があり、このため食欲が増進して、ついつい食べ過ぎになります。その結果太ることはあります(アサヒビールホームページより引用)……
============================

上の文中にある「グリコーゲンや脂肪になって蓄えられることが少ない」についてですが、「アルコールは三大栄養素(たんぱく質、炭水化物、脂質)と異なり、体の栄養にはならないとともに、カロリーに関しても70%程度しか代謝されないのではないか」という研究結果があるようです。

一方で、アルコールの代謝は個人差が大きいとされていて、全ての人の全ての条件にあてはまる根拠はありません。やはり、あてにしすぎて飲みすぎないように注意が必要です。

ビールの美味しい夏。残念がなら、ビールの飲みすぎは太るモト。美味しく飲むときは楽しみつつ、おつまみチョイス、ビールの種類に一工夫をしてみてください!

次のページでは、ビール、発泡酒、新ジャンル、ノンアルコール、それぞれのカロリーを一覧でご紹介します>>