まるで雪のよう! ふわふわかき氷。雪花冰・雪冰

フリルのような重なり。??雪片、60台湾元(約180円)

辛發亭のコーヒー雪片はフリルのような重なり。60台湾元(約180円)

雪花冰(シュエホワビン)とは雪のような氷のこと。つまり氷自体が雪のようにふわふわのミルクかき氷になっているんです。おすすめ店は士林夜市の中にあるかき氷専門店・辛發亭。ここの[口加][口非]雪片というコーヒー味のミルクかき氷は、ミルク味のかき氷の上に濃くて甘い コーヒー味のかき氷を重ね、チョコスプレーとコンデンスミルクをトッピングしたもので、一皿で2つの味が楽しめます。

つやつやのイチゴソースがかかった草苺果醤雪花冰、60台湾元(約180円)

つやつやのイチゴソースがかかった草苺果醤雪花冰、60台湾元(約180円)

いちごミルク味が好き!っていう人ならばぜひ食べに行って欲しいのが、古早味豆花のイチゴミルクかき氷・草苺果醤雪花冰。草苺果醤とはイチゴソースという意味で、ミルク味の氷のうえにイチゴソースがとろりとかかっていて、口どけの良いミルクの氷がたまりません。古早味豆花には美味しい豆花もあるので、何人かで行っていろいろ頼むのもいいですね。

 

8種類のトッピング! 八寶冰

このボリューム!臺一牛乳大王の八寶冰60台湾元(約180円)

このボリューム!臺一牛乳大王の八寶冰60台湾元(約180円)

八種類のトッピングが乗ったかき氷が八寶冰(バーバオビン)。でも8種類と言っても果物ではありません。緑豆、ピーナッツ、はと麦、紅豆、タロイモ、仙草、花豆、タピオカなど体に良さそうな8種類のトッピングがあふれんばかりに載っているんです。緑豆は身体の火照りを鎮める効能があると言われていますし、ピーナッツはビタミンEが豊富。はと麦は疲労回復や皮膚の新陳代謝を促進する効能があると言われていて、まさに8つの宝が入ったかき氷。ヘルシーなのにおいしいスイーツなんです。

八寶冰を食べるなら、おすすめは台湾大学近くにある臺一牛乳大王。臺一牛乳大王の店内では、意外にも粒コーンを載せただけのかき氷や、茹でたタロイモを載せたかき氷を食べている人が多いことに気がつきます。台湾ではかき氷って甘いだけじゃないんですね。

また、仙草とお芋で有名なスイーツ店鮮芋仙でも夏季限定で八寶冰を扱っています。

<DATA>
■臺一牛乳大王
住所:台北市新生南路3段82号
アクセス:MRT公館駅から徒歩約5分
TEL:(02)2363-4341
営業時間:10:30~24:00
定休日:なし

 

これぞ台湾のかき氷、四種冰

手前が四種冰。具材は底にあるのでスプーンで下からすくって食べます

手前が四種冰。具材は底にあるのでスプーンで下からすくって食べます

台湾の昔ながらのかき氷を体験したいなら、四種冰はいかがでしょう? 四種冰とは、何種類もあるトッピングの中から自分で4つの好きなトッピングを選んでかき氷をつくるというもの。並んでいるものは小豆やタロ芋、ピーナツやキクラゲなど色合いが地味めなものが多いのですが、身体に良いものが多く、このかき氷は今も現地の人に愛され続けています。

遼寧街夜市の奥にあるかき氷店、冰不厭[木窄]はジュースとかき氷の専門店。ここの四種冰は黒砂糖のシロップが優しい味わいです。おすすめトッピングは大花豆(花豆)や粉[米果](サツマイモから作られる台湾特有のゼリー)、芋圓(タロイモで作ったおだんご)、桂圓(龍眼という果物を甘いシロップで煮たもの)、蓮子(蓮の実)などで、この中でお好きな4つを組み合わせればまず間違いなし!冷たいかき氷なのに、どこか温もりのある味がします。

<DATA>
■冰不厭[木窄]冰品果汁專賣店
住所:台北市遼寧街83號
アクセス:MRT忠孝復興駅、または南京東路駅から徒歩約17分
電話:(02)2776-3933
営業時間:11:00~23:00
定休日:なし

 

イタリアンジェラードのよう! 泡泡冰・パオパオビン

西門町にある

西門町にある以利泡泡冰の芒果泡泡冰

泡泡冰(パオパオビン)とはイタリアのジェラートに似た台湾アイス。細かく繊細なシャーベットで口どけが良く、一口食べれば幸せな気持ちになれる食感と味わいです。泡泡冰は士林夜市名物スイーツのひとつで、老舗の以利泡泡冰が有名。現地での人気メニューは花生花豆泡泡冰(ピーナッツと豆のパオパオビン)ですが、日本人ならマンゴー味のほうが好みかもしれません。西門町の支店ならテーブルでゆっくり食べられますから、ショッピングの合間にいかがですか?

以利泡泡冰の詳しい情報は>>>西門町・龍山寺周辺エリア

台湾名物・マンゴーかき氷の情報は>>>マンゴーかき氷(芒果冰)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。