国内大手メーカー別ノートパソコン

国内大手メーカーは、日本全国に古くからある販売店網を生かし、日本全国どこでも購入できますが、ノートパソコンを選択する利点といえば、なんと言っても、サポートです。海外大手メーカーが悪いわけではありませんが、海外大手メーカーが普通のサポートだとすると、国内大手メーカーは超充実したサポートメニューが用意されています。

どちらかというと、価格面では海外大手メーカーに負けている部分がありますが、サポートに加え、日本ユーザーに向けた製品作りという点では国内大手メーカーの製品を選ぶ安心感があります。

海外大手メーカー別ノートパソコン

海外大手メーカーの中には、一社だけで日本国内で販売されるパソコンの数以上を全世界で販売するような世界シェア20%に近い会社もあり、そのスケールを生かした部品の調達力でリーズナブルな製品を作っています。国内大手メーカーに比べると、サポートなど弱い部分もありますが、台湾系企業は人気ジャンルの製品を矢継ぎ早に投入するなど、その開発力もすさまじい物があります。

また、海外系企業で最も特徴的なのがアップルです。Windowsとは異なるMac OS Xを採用していますが、iPodやiPhoneの人気にじわじわとユーザーを増やしています。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。