チルダいりURLインターネットを利用しているとURLの中に「~」という文字が使われていることがよくあります。そもそもこれはなんと読むのかわからないし、どうやって入力するのかもわからないという人が多いようです。この「~」はチルダ(tilde)と読みます。(これはどうやらスペイン語から来ているようですね。) このURLに使うチルダは全角文字の「~」とは違いますので注意しましょう。
URLを書く場合、「%7E」と記入するのが正しいようで、このなんだかよくわからない文字の入力方法を忘れて適当にキーを押さなくても、「%7E」を覚えておけば問題はありません。

すなわち
  http://www.allabout.ne.jp/~kamikura/
  http://www.allabout.ne.jp/%7Ekamikura/

はどちらも同じということです。 (このURLは存在していません)

雑誌などに「~」が使われていて、入力方法を忘れた場合は「%7E」を使いましょう。もちろん逆も可能です。
と言っても「~」の入力方法は「%7E」を覚えるより簡単ですが・・・


チルダの入力方法

日本で販売されている一般的な日本語キーボードの場合、下の写真で一目瞭然かと思いますが、Shiftを押しながら「へ」キーを押せば入力可能です。URLを記入する場合は直接入力モード等にする必要があります。キーボードには「わ」キーに「~」のような物が印刷されているので間違う事が多いので、間違わないように注意しましょう。
他にも、「~」を変換すると「~」が出てきますが、「~」を入力して出さなければいけない(例えば「から」を変換して「~」を出すとそれを変換できない)ので、このShiftを押しながら「へ」というのは覚えなければいけないようです。

ThinkPad 600のキーボード

おそらく典型的な日本語キーボード
「へ」の斜めに上にある棒が「~」の印。「わ」の斜め上にある「~」と間違わないようにしよう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。