アップル MacBookシリーズ

アップルは、マイクロソフトのWindowsとは異なる自社開発のOS、「Mac OS X」を採用しています。Windowsとは異なるので、使い慣れたソフトが使えないなど、不安を感じる方もいますが、 Boot Campの仕組みなどで、Windowsを動作させることもできます。

Boot Campや市販のソフトを使えば、Mac上でWindowsがそのまま動作するので、WindowsユーザーがMacに買い換えたとしてもソフトウェアの互換性に不安はありません。Windowsのみに対応したソフトが多いのは事実ですが、同じ事ができるMac用のソフトも多数用意されているので、実用上Macだけにしても問題にならないことも多いです。

その、アップルのノートパソコンはMacBookシリーズです。大きく分けてハイエンドのMacBook Pro、薄型軽量のMacBook Airの2モデルあります。

MacBookシリーズはモデルごとにデザインが異なりますが、ユニボディという統一感のある、シンプルで機能的なデザインとなっています。Macは高いと感じる方も多いようですが、同等性能のWindows製品と比較すると価格も同等もしくは低価格になっており、コストパフォーマンスは高いと言ってもいいでしょう。 MacBookシリーズのここ数年の流れとして、性能は当然ながら、バッテリ駆動時間が長くなっている事があげられます。MacBook Proは実駆動で約7時間です。Windows系とは違いこの数字は実時間に非常に近い数字なので、持ち歩いて使用したときにもかなり便利に使えるでしょう。

iPodやiPhoneなどを使い、アップル製品の使いやすさを実感し、Macを購入する方も増えているように、アップル製のハードウェアやソフトウェアは特別な魅力を持っているようです。特に、日本はもちろん世界各地にあるアップルストアでは、Macに精通した店員により詳しく機能や操作方法などを聞くことが出来ますし、修理やサポートなども対面で対応してもらえるのは、他社製品にない魅力です。

また、アップル製品を選ぶ利点の1つに、アップル製のソフトウェアがあります。本体を購入すると、iLifeという写真管理、動画編集、音楽作成などのソフトが標準で付属しています。

一般的に低価格のソフトは使い勝手が悪いことがありますが、アップルのソフトは、シンプルながら非常に使い勝手が良く、他社の有料で販売されているソフトを超える使い勝手となっている場合があります。これらのソフトを使うために、Macを選んでも損はないほどです。

光学ドライブはついていませんが、一般的な用途にはMacBook Airが適しているでしょう。持ち運びにも最適で、外出先だけではなく、室内での移動でも便利に使えるでしょう。 よりハイエンドの使用方法ならMacBook Proが適しています。


ガイドおすすめのアップル製ノートパソコン

■MacBook Air 13
MacBook Airは画面サイズ別に2種類ありますが、一般的な用途なら13インチが適しています。価格は11万円からで決して安くはありませんが、Windows系の同等機種と比較すると割安になる場合もあります。



【関連サイト】
アップル


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。