【例】
 昭和19年10月生まれ 厚生年金35年加入、厚生年金200万円受給(加給年金含まず)
 昭和21年10月生まれ、カラ期間15年、国民年金4年、厚生年金14年加入

●妻が最後の1年、厚生年金・国民年金どちらに加入するかで年金額は次のように変わります。

厚生年金に14年加入厚生年金に15年加入
夫60歳~61歳(夫)126万円(夫)126万円
(合計)126万円(合計)126万円
妻60歳(夫)200万円(夫)200万円
(加給)40万円(妻)30万円
(妻)29万円
(合計)269万円(合計)230万円
妻が61歳~64歳(夫)200万円(夫)200万円
(加給)40万円(妻)70万円
(妻)57万円
(合計)297万円合計270万円
妻65歳以降(夫)200万円(夫)200万円
(妻)67万円(妻)78万円
(振替)10万円
(合計)277万円(合計)278万円


*加給:加給年金 振替:振替加算
*このケースでは、夫62歳で加給年金が受給できる。
*妻65歳以上の年金計算では、中高齢の特例で上乗せになる年数は除外するという説明があった(社会保険庁に電話で問い合わせた)。しかし定かではないので更に調査中。もし上乗せ年数が除外されるとすれば、65歳以降の妻の年金額(厚生年金に15年加入しているケース)は10万円減少することになる。

このケースでは、妻が15年厚生年金に加入すると損をすることがわかります。
加給年金・振替加算の金額は、夫・妻の年齢によって異なります。また厚生年金額はお給料によって変わります。共に厚生年金に加入している夫婦で「中高齢の特例」を考えている場合、先ずは夫婦の年金加入履歴を社会保険庁で調べ、世帯の年金額を算出しましょう。


特例を活用した場合定額部分にいくら上乗せされるのか、加給年金・振替加算を受け取る場合はいくらになるのか、80歳くらいまでの総受給額を計算して比較検討する必要があります。厚生年金加入期間は長ければいいってモノでもなさそうです。

関連記事
「見落としがち!主夫と加給年金」
「ネットで年金見込額を試算!」
「ウソ、受給中の年金が減った! 」

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。