世帯主が60歳以上の二人以上の無職世帯は約5.5万円の赤字

平成20年7月に発表された「家計調査 家計簿からみたファミリーライフ(平成19年)」によると、世帯主が60歳以上の二人以上の無職世帯の家計収支は、
  • 実収入 225,356円(社会保障給付:191,257円、その他:34,099円)
  • 非消費支出 32,953円
  • 消費支出 247,320円
  • 不足分 54,917円
でした。

支出280,273円に対し社会保障給付の191,257円は、支出の68.2%を賄う額です。一般に「老後の生活費の3割程度は自己資金で準備しよう」といわれていますが、年金受給額によっては3割では不足しそうです。尚、不足分は金融資産の取り崩しや仕送りなどで対応しています。
高齢無職世帯の収入と支出(平成19年)(世帯主が60歳以上の二人以上の無職世帯)
「家計調査 家計簿からみたファミリーライフ(平成19年)」を参考に作成した


夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの(=高齢夫婦)無職世帯の家計収支は?>>>>>次ページで