「身だしなみには気を遣っているつもり」 とおっしゃる方は多いはず。しかし、その身だしなみが、周りの方々からもきちんと評価されているか、改めて見直してみましょう!

基本的な清潔感とは?

身だしなみパーフェクト美人である、自信はありますか?!
あなた自身、そして、お召しになっている服を清潔にすることはもちろん基本です。しかし、それだけでは「清潔感」に十分気遣っているとは言えません。その他にも、注意すべきポイントとは?

■シワ
きちんと洗濯済みのブラウスやシャツ。プレスもしっかりとかかっていますか? シワは相手に不潔感を与えてしまうものです。常にピシッとアイロンがかかった物をお召し下さい。

■ボタン
クリーニングから戻ってきたジャケット。確かに清潔ではありますが、ボタンがなくなっていたり、取れかかったりしていませんか? クリーニング店から受け取ったら、必ず全体をチェックなさって下さいね。

■伝線
「購入したばかりのストッキングに限って伝染が……」こんな話をよく聞きます。伝線したストッキングは、どうしても不潔に見えてしまいますね。外出の際には、必ず予備を!

■ソール
今朝磨いてピカピカのパンプスであっても、ソールが減っていると不潔感が漂います。マメに張り替えるなどのケアを。

このように、「清潔感」とは、「汚れていない」ということだけではありません。「だらしなさ=不潔感」の印象になってしまいますので、十分にチェックなさって下さいね。

TPOに合わせた身だしなみとは?

どのようなシーンであっても、必ず意識しておきたいのがTPOです。

■時刻
特にフォーマルなシチュエーションでは、時刻を十分に考慮して装いを決めてください。昼間のパーティに、煌びやか過ぎるものや露出度の高い装い、ロングドレスではマナー美人とは言えません!

■場所
服装はもちろん、ヘアスタイル、メイク、そして香りも、場所に合わせてセレクトしてみましょう。その際のチェックポイントです! お店や会場のランク、内装やインテリアはもちろん、その場の景色にまで気を配り装える女性は素敵ですね。イタリアンモダン? アールデコ? それとも自然の景色?

■シチュエーション
目的地への移動方法にも考慮しましょう。動き回る予定であれば、ストレッチ素材やシワ加工の物を選ぶ。また、程よいシワ感で味のある麻などの素材も素敵ですが、座り通しの状態が続く際にはシワになってしまい、あなたを清潔に見せてくれないことも。

かわいいベルスリーブも、お食事シーンではお皿に入ってしまったり…… と邪魔になります。もちろん、ソースやドレッシングがついてしまったら台無しです。同様に、大ぶりなブレスレットは、皿に当たって邪魔になる可能性も。指輪のシェイプによっては、高価な器にキズをつける恐れもあります。

歩く距離、地面・床の素材や状況、立ち時間などをしっかりリサーチし、誰もが納得できる種類やヒールの高さをチョイスして下さい。場にそぐわない歩きにくい靴は、哀れにも感じられますから。

お会いする方や集まるメンバーは、一体どんな装いが予測されるか? ここでもあなたのリサーチ力を発揮して下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。