共働き夫婦が医療費控除で得する方法って?

確定申告の義務がない会社員でも、医療費控除の申告をする方は多いでしょう

確定申告の義務がない会社員でも、医療費控除の申告をする方は多いでしょう

共働き家庭では、夫婦で家計管理を別々にしている方も多いと聞きます。皆さんは医療費控除の申告、どのようにしていますか?

今回は共働き家庭の医療費控除で得する方法について、事例を挙げてお話します。「忙しくて家計簿もあまりきちんとつけていないし、大変そう……」という方に、1年分の医療費を簡単に管理できる方法も伝授。ぜひ参考にしてください!

会社員なら医療費控除の申告は年明け1月1日からOK

医療費控除とは、納税者本人や本人と生計を一にする配偶者、またはその他の親族の医療費を支払った際に、所定の条件のもとで受けられる所得控除のことです。

「医療費が多くかかった人は、その分出費がかさんで大変だっただろうから、税金も減らしてあげましょう」という趣旨で作られた制度です。確定申告で医療費控除を申請すれば、結果的に税金を少なくすることができる、つまり既に多く支払っていた場合は還付金が受け取れる仕組みです。

一般的に確定申告の時期は2月16日~3月15日というイメージがありますが、還付申告=払い過ぎた税金を返してもらうための申告は、1月1日から受け付けてもらえます。早め早めに準備を始めてみてはいかがでしょうか。

医療費控除の対象となる金額

前年の1月1日~12月31日までに、医療機関の窓口で実際に支払った医療費の合計をもとに、以下の式で計算します。200万円を限度としたものが、今年分として申告する医療費控除の対象となります。

(実際に支払った医療費の合計額-(ア)の金額)-(イ)の金額

(ア)保険金などで補てんを受けた金額
例えば生命保険などで支給される入院給付金、健康保険などで支給される療養費や家族療養費・出産育児一時金など
(イ)10万円
※ただし、その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額なので、(イ)が10万円以下になるケースもあります(詳しくは後述)。

医療費控除の申告書と医療費の明細書の書き方

医療費控除を申請する用紙は、最寄の税務署でもらえますが、国税庁のHPからダウンロードすることもできます。医療費明細書・計算明細書等(平成27年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告分)のページにある(番号3)「平成 年分 医療費の明細書」という欄を開いてください。また、確定申告書Aも、同様にダウンロードすることが出来ます。

【参考】医療費控除の申告方法と明細書の書き方

記載した医療費明細書に医療費の領収書やレシートを添付して、税務署へ提出します。サラリーマンで給与所得のみの人は、源泉徴収票も添付する必要があります。申請が通ると、指定した金融機関の口座に、確定申告をした日から1カ月前後で入金されます。

給与明細は別でも、医療費控除は合算できる

2人で支払った医療費をまとめて、医療費控除の申告にチャレンジ!

2人で支払った医療費をまとめて、医療費控除の申告にチャレンジ!

共働き夫婦は、当然ながら給与明細をそれぞれがもらい、各々税金や社会保険料が引かれています。妻を扶養していない場合、なんとなく支払った医療費も別々というイメージを抱きがちですが、医療費控除に関しては合算してOKです。

これは、医療費控除の対象となる医療費の要件として、「納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること」とされているためです。

夫婦のうち給料の高いほうが医療費控除を受けるとお得

2人分を合算OKなだけでなく、夫婦のどちらが医療費控除を受けるか、自由に選択することができます。一般的に収入が多くなると所得税率も高くなるため、同じ医療費控除を受けるなら、給料の高い方で受けたほうが、還付される税金も多くなります。

2人分の医療費が10万円以下でも医療費控除が受けられる?

1年分をまとめたけれど、10万円にはならなかった……という方も、すぐに領収書を捨てずにちょっと確認をしてください。10万円以下でも医療費控除が受けられるケースがあるのです。

「医療費控除は給料の高い人が確定申告するとお得」と説明しましたが、そうとは限らないこともあります。例を挙げてみましょう。

例:2人分の1年間の医療費が9万円
妻のその年の所得金額の合計額が150万円

この場合、上で挙げた医療費控除の対象となる金額の計算式、
(実際に支払った医療費の合計額-(ア)の金額)-(イ)の金額
の(イ)は10万円ではなく、150万円×5%=7万5000円となります。

したがって、妻が医療費控除の申請をすることで、税金の還付を受けられます。

医療費控除の対象になるもの。治療はOK、癒し目的は?

医療費控除の対象となる医療費については、国税庁HPにあるタックスアンサー「No.1122医療費控除の対象となる医療費」に詳しく掲載されています。ここでは簡単に、「医療費控除の対象となる医療費」について以下の表にまとめてみました。

ケースによって扱いが異なることがありますので、「この場合は、対象になるのかな?」と疑問に思ったら、自己流で判断せずに、税務署へ問い合わせてみることも大切です。

●医療費控除の対象となるもの(抜粋)
医療費控除の対象となるもの(抜粋)。国税庁「タックスアンサー」をもとにガイドが作成

医療費控除の対象となるもの(抜粋)。国税庁「タックスアンサー」をもとにガイドが作成

例えば、薬局で売っている医薬品で、風邪薬など「治療を目的とする薬」は医療費控除の対象となりますが、ビタミン剤やドリンク剤、サプリメントなど「健康増進のための医薬品」は、医療費控除の対象とはなりません。また、医療機関に通うため、電車やバスを利用した場合の交通費は、医療費控除の対象となりますが、緊急を要しない場合のタクシー代、マイカーのガソリン代は、対象外となっています。

人間ドック、健康診断の受診料が医療費控除の対象になることも

一般的に、健康診断や人間ドックにかかった費用は、医療費控除の対象とはならないとされていますが、例外もあります。

その検査の結果病気が見つかって、引き続き治療をした場合、検査費用も治療の一環として、医療費控除の対象になります。もちろん、何も病気になっていないことが一番いいのですが、検査結果が分かるまでは、健康診断・人間ドックの受診料領収書も、念のため保管しておくことをオススメします。

視力の矯正のためのメガネや、レーシック手術は?

視力を矯正するために、メガネを購入するほか、最近は、さまざまな矯正手術が行わせるようになりました。視力の矯正は、医療費控除の対象になるのでしょうか?

近視や遠視などのために日常生活の必要性に基づき購入されるメガネは、視力を回復させる治療の対価ではないので、医療費控除の対象とはなりません。ただし、例えば、斜視、白内障、緑内障などで手術後の機能回復のため短期間装用するものなど、治療のために必要な眼鏡として医師の指示で装用するものは、医療費控除の対象となります。

レーシック手術は、眼の機能それ自体を医学的な方法で正常な状態に回復させるものであり、それに係る費用は、医師の診療又は治療の対価と認められますので、医療費控除の対象となります。また、オルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)も同様です。

【参考】眼鏡やコンタクトレンズの費用は医療費控除の対象?

共働き夫婦におすすめ! 医療費の領収書・レシート管理術

管理が面倒と思われがちな医療費の領収書……決められた箱に入れておくだけで、カンタンに管理する方法があるのです!

管理が面倒と思われがちな医療費の領収書……決められた箱に入れておくだけで、カンタンに管理する方法があるのです!

夫婦2人分の医療費の領収書を管理するといっても、1年分ともなるとけっこう面倒ですね。まめに明細書へ入力していくのが結局は楽なのですが、忙しさに紛れて、ついつい領収書がたまってしまいがち。毎年、確定申告の時期になると、「もっと早くから整理しておけば良かった」と思う方々も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ガイド平野が数年前から実践している「超カンタン! 医療費管理シート」をご紹介します。内容はいたってシンプルです。

エクセルで以下のサンプルのように、日付、かかった診療期間(薬局名)、治療費、往復交通費(マイカーのガソリン代や、緊急でない場合のタクシー代などは除きます)、さらに夫婦どちらが利用したかが分かるように、利用者欄も作成します。
簡単!undefined医療費控除の記録簿

医療費控除の記録簿。医療費を支払ったらこまめに入力していき、確定申告の提出時にプリントアウトすればOK

治療費と、交通費の合計欄も一番下の行に作成しておき、入力時に「行挿入」をしていくだけです。このファイルを、パソコンのデスクトップなど2人が分かりやすい場所に保存して、お互いが各自で入力してもいいでしょう。

領収書はクリアポケットや空き箱などにためておき、確定申告の時には完成した表と一緒に提出するだけです。あっという間に作れますので、新しい年になったばかりの1月からは始めてみてはいかがでしょうか。

そして翌年、1年を振り返って、医療費控除を申請するほどでなかったら「1年間健康で良かったね!」と領収書を捨てていいと思います。作ったエクセルファイルも、また「20XX年分 医療費記録」と名前を付けて保存。ほら、カンタンですね。

2人の健康を願いつつ、領収書を保管しておこう

比較的健康で、今まで医療費控除は申請したことがなかったというご夫婦。ある年、ご主人が歯の治療で何回か通院し、保険の効かない治療をしたことがありました。「領収書も残っているか分からないし、手続きが面倒そう」とはじめは躊躇していましたが、その後「還付申告をしたら払い過ぎていた税金が返ってきた」と喜んでいました。

申告書の書き方が分かりにくい時は、税務署でも丁寧に教えてくれます。領収書が残っていたら、ぜひチャレンジしてみてください。医療費の領収書は分かりやすい保管場所を2人で決めて、「とりあえずとっておく」ことをおすすめします。

また、病院へ行くほどではないけれど、ドラッグストアで買った風邪薬で間に合わせることなども多いですね。最近はレシートに商品名が記載されていますので、対象となる医薬品はぜひ医療費記録に記載してください。1年分を合計すると、意外と大きな金額になることがあります。

なんといっても2人が健康に過ごせるのが一番です。確定申告で医療費控除を申請する方は合計金額をチェックするだけでなく、過去1年間、2人がどんな健康状態だったのかも振り返ってみてください。2人がさらに健やかに過ごせるよう、誓い合えるのもいいですね。