自己破産したけど・・・
 自己破産した人は、その事実が個人信用情報機関に7~10年登録されているので、その期間はローンを組むのが難しいといわれています。将来マイホームが買えるように、勤続年数を延ばし、自営業の人は確定申告をしっかりして、頭金を貯めて、準備をしておきましょう。また、自己破産後10年間は免責決定が受けられないので、二度目の自己破産は出来なくなります。住宅ローンもしっかりと計画を立てておきましょう。

住宅ローンいくら借りられる? 
  融資限度額は、原則として物件価格の8割までです。頭金を最低2割貯めましょう、というのはその物件の価格の100%はお金が借りられないので、2割は準備しましょうという事です。では、誰でもその物件の8割まで借りられるのかというと、そうではありません。

 年収500万円のアバウト君の例を見てみましょう。
 住宅ローンには、収入基準(返済負担率)という条件があります。つまり、返済の目安は年収によって違うということです。

返済負担率
公庫融資・・・・・・20%以内
財形、年金融資・・・20%以内(公庫併せて)
銀行ローン・・・・・税込年収300万円以下 25%以内
(他の借入を含む) 税込年収400万円以下 30%以内
          税込年収400万円以上 35%以内

 アバウト君はいくら借りられる?
 年収500万円なので、毎年返済に回せる金額は

 500万円×35%=175万円。
 ひと月だと14万5833円。

金利3%、30年の元利均等返済をしようとすると、100万円あたりの毎月返済額は4216円なので

  14万5833円÷4216円×100万円=3400万円

 アバウト君の年収からは3400万円借りることが出来ます。
   
  あなたの融資限度額は?
 年収×返済負担率÷12÷100万円あたりの返済額×100万円

100万円あたりの返済額(元利均等返済)





金利/期間20年25年30年35年
2.0%5058円4238円3696円3312円
2.5%5299円4486円3951円3574円
3.0%5545円4742円4216円3848円
3.5%5799円5006円4490円4132円
4.0%6059円5278円4774円4427円


 マイホームの購入は、諸経費もたくさんかかります。税金や、登記の費用、引っ越し費用、新居の家具電化製品の購入費。これらは、マイホーム購入価格の3~5%は必要なので、自己資金として購入価格の25%は貯めておきたいですね。
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/6/1~2022/6/30まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。