子育て家計は通常ムリができない


子供を持つということは、かけがえのない時間や体験が得られる一方で、大きな責任を負うことでもあります。

経済面で考えると、将来の教育資金の準備もしなくてはならないし、子供の養育にかかる固定費も厳然とあります。
また、病気になったり怪我をしたりするリスクもあり、それに備える必要もあります。

それだけ考えても、子供を持つ家庭や専業主婦の家庭は一般にあまりムリができない、つまりは「あまりリスクが取れない家計」だということがわかるのではないでしょうか。
実はパパ業やママ業やっている人にはそんな説明は不要で、直感的にわかっていることではないかと思います。


変動や短期固定で借りている人が半数強!?


それなのに、少々驚きのアンケート結果となっています。

「あまりリスクが取れない家計」が多いはずなのに、変動金利や短期固定金利で住宅ローンを借りている人が半数以上もいるのです。

個人的には、10年固定や長期固定金利で借りる人が7、8割で、短期固定や変動は少数派ではないかと予想していたのですが、違っていました・・・。


次ページはアンケートの結果です。