あなたの繰上返済適応力をチェック!

繰上返済の中でも、「期間短縮型」は利息軽減効果も大きく、最近は、少しでも貯蓄ができれば、どんどん繰上返済するという人も少なくありません。ただし、どんなに効果絶大でも、繰上返済は貯蓄とは根本的に異なります。一度、繰上返済してしまった資金は戻ってきません。ですから、今後の生活に支障がないのかどうか、検討した上で慎重に行うことも必要なのです。

また、利用している住宅ローンの金利タイプによっては、「返済額軽減型」で行う方が望ましい場合もあります。繰上返済に踏み切る前に、あなたの適応力を診断してみましょう。

ただし、繰上返済しても手元に生活費の半年分は残せることが大前提。まだ貯蓄がそこまでできていない人は、まずは家計の見直しをして、貯蓄体質を作ってくださいね。

下の「Yes」「No」ボタンをクリックして、繰上返済適応力をチェックしてみましょう!


 

返済期間中の金利は、完済までずっと一定である