借換えの目的をはっきりさせよう

写真
金利は低水準。数年前よりも優遇幅の大きな住宅ローンが数多く登場しており、見直してみると意外な借換え効果があるかも
住宅ローンの金利は、ここ数年変わらず低水準のままです。世の中の金利があまり変わっていないので、特に住宅ローンの見直しを意識しないかもしれません。しかし、実際に適用される金利は動いています。各金融機関が、店頭金利など基準になる金利から引き下げる金利幅を大きくしてきているからです。このため、低金利で借入れした人でも、借換えにより予想以上の効果が出る場合もあります。

では、どのような場合に借換えの効果があるでしょうか?

以前は、借換えは金利差1%以上、残り期間10年以上、残高1,000万円以上などと言われていましたが、それは固定金利で借入れしている人がほとんどだった時代のこと。さまざまな金利タイプの登場により、どのような場合に借換えメリットがあるかは、一概には言えなくなってきています。

また、金利タイプがさまざまになってきたことから、借換えの目的も、以前とは変わってきました。大きくは次の3つに分けることができるでしょう。

●総返済額を減らしたい
●金利上昇リスクをなくしたい(もしくは小さくしたい)
●現在の返済額を下げたい

どの目的のための借換えなのかによって、選ぶべきローンは異なります。現在の返済額を下げた上で総返済額を減らす、ということも可能な場合もありますが、現在の返済額を下げたために、逆に、総返済額が結果的に増えてしまうということもあるのです。借換えで失敗しないよう、借換え目的の優先順位を明確にしておくことが、第一歩です。

総返済額を減らすための借換え事例は次のページで。