全期間固定金利なら、提携ローンにこだわらない

イラスト
同じ銀行の住宅ローンが、もっと低い金利で借入れできる!?
固定金利選択型の金利優遇のタイプは、大きく2つあります。一つは、当初固定期間に大きな優遇をしてくれるもの、そして、もう一つが全期間一律優遇のものです。

提携ローンで比較的大きな優遇をしてくれるのは、後者の全期間一律型のものがほとんどです。例えば、10年固定で、店頭金利4.0%、全期間1.5%優遇なら、当初10年間は2.5%です。しかし、当初固定期間に大きな優遇をしてくれるものには、2.3%というものもあります(2008年7月現在)。

もし、10年で完済しようとしているのであれば、より金利が低い2.3%の方が有利になりますね。20年返済などでも同様に、提携ローンの大きな優遇よりも、適用金利が低いローンが他にもあるでしょう。

また、30年、35年の全期間固定などは、提携ローンでも非提携の一般のローンでも、同じ金利の場合が多くなります。提携ローンを利用すると、手続きを不動産会社経由で行ってくれるため楽になりますが、その分、提携ローン手数料がかかる場合もあります。自分自身で銀行に出向けば、提携ローン手数料は支払わずにすみます。

将来金利が変更されるタイプではなく、自分が支払っていく間に金利が固定される全期間固定(10年固定で10年返済なども含む)の場合には、提携ローンにこだわらず、他により有利なローンがないかを探してみましょう。


【住宅ローン完全マニュアル】
住宅ローン完全マニュアル【基礎編】(住宅ローン)


【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。