例えば、新築マンションを購入する場合、マンションによって住宅ローンの金利が違うことがあるのをご存知でしょうか?気に入ったマンションに決めることが一番ですが、もし迷った場合には、住宅ローンの条件を比較してみるのも判断材料になるかもしれません。

同じ金融機関のローンでも金利に差がある?

イラスト
同じ銀行の住宅ローンが、もっと低い金利で借入れできる!?
「全期間1.0%優遇」というように、優遇幅の大きな住宅ローンも、最近では珍しくなくなりました。さて、このように記載してある住宅ローンなら、誰でも「全期間1.0%優遇」で借入れができるのでしょうか?

金融機関によっても異なりますが、このような記載がしてあっても、「1.0%の優遇はできませんが、○%なら融資します」と言われるケースもないわけではありません。また、逆に、記載されているより大きな優遇を受けられる場合もあります。

年収が高い、借入額が大きい、大手企業に勤務していて収入が安定している、など、借入者として優良、と金融機関が判断した場合には、現在は、全期間1.5%程度の優遇を行ってくれる場合もあるようです。大きな優遇を受けられるケースとしては、多くの場合、このように「借りる人」の基準によるところが大きいでしょう。

提携ローンなら、大きな優遇を受けやすい

さほど年収が高くない、勤務先は中小企業、という場合でも通常よりも大きな優遇を受けることができるチャンスはあります。その一つが、不動産会社が提携している金融機関の提携ローンです。

提携ローンとは、物件の売主や販売会社が、あらかじめ金融機関と提携し、「この物件を購入する人には、このような条件でローンを提供します」と決めているものです。金利面で、通常のローンよりも有利になっていることが多く、特に新築マンションなどの提携ローンは、優遇幅が大きなものが少なくありません。最近では、全期間1.2~1.5%程度の優遇のものも見かけます。

売主または不動産販売会社が大手であったり、大規模な分譲マンションの場合には、提携金融機関の数も多くなっているので、自分にあったローンも見つけやすいでしょう。

優遇幅が大きな提携ローンを利用すると、どのくらいおトク?次のページで。