借換えとは、新しいローンを借入れること

イラスト
住宅ローンの借換えは、大切なメンテナンス方法の一つ。情報を集めて、より有利な返済を。
夢のマイホームを購入したときに借入れした住宅ローン。住宅ローンは、通常20年、30年という長い間をかけて支払っていくもの。当初はベストな選択をしたとしても、時代や経済環境の変化で、事情が変わることも多々あります。借りっぱなしではなく、住宅ローンも折にふれて今のままで良いか、メンテナンスをしてあげてください。

メンテナンスの一つが、住宅ローンの借換えです。洗濯機も冷蔵庫も、より一層便利な機能が付いた新しい製品が出たときに、買換えようかなと検討しますね。住宅ローンも同じように、今の住宅ローンから、新しい住宅ローンに変えることができます。これが、住宅ローンの借換えです。

例えば、当初住宅購入したときに借入れした、A銀行の住宅ローンが2,500万円残っていたとします。この残高と同じ金額をB銀行で新たに借入れします。これでA銀行の残高を完済し、以降はB銀行に対して返済を行っていくという仕組みです。同じ2,500万円であっても、A銀行の住宅ローンよりもB銀行の住宅ローンの金利の方が低ければ、毎回の返済額は少なくなります。これも住宅ローン借換えの一つの効果です。

住宅ローンの借換えは、同じ銀行ではできない

情報が入りやすいのは、今借入れしている銀行です。お金をおろしにATMに行ったら、住宅ローンのポスターが貼ってあって、自分が借入れしているものよりも金利が低い!というようなこともあるのではないでしょうか。

ところが、残念ながら同じ銀行での借換えはできません。ここが大変なところなのですが、今借入れしているものより、良い条件の住宅ローンを探す場合には、他行の情報を知ることが必要になります。ただし、現在変動金利型で借入れしている人が、固定金利選択型に変えたいという場合には、同じ銀行で金利タイプの切り替えができます。


同じ銀行でできるケース、他行へ借換えをしなくてはならないケースは次のページで。