ビジネスマナー/接客・接待・訪問のマナー

お茶の出し方のマナー

お客様があったときの、お茶の出し方はマスターしていますか? お茶の入れ方、お出しするタイミングなど、基本を見てみましょう

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事「来客時の対応、自信ありますか?」で、ご紹介したように、お客様を応接室にご案内したら、次にするべきことは、お茶をお出しすること。今回は、失礼のないお茶の出し方をご紹介しましょう。

お茶をお出しする際の手順

受付からお茶をお出しするまでの応対によって、会社の印象が大きく変わります
先に応接室に案内した人が、お茶を用意する人に「○人お見えになりました」と報告しておくと、お茶の数を間違えないですみます。お茶を出すタイミングは、お客様を少しお待たせする場合は、応接室にお通ししたすぐ後に、そうでない場合は担当者が応接室に入り、挨拶が終わったくらいの頃合いを見計らって下さい。

お茶をお出しするまで
茶碗と人数分の茶たく、台拭きをお盆に乗せて運びます。運んでいるときに、お茶が茶たくにこぼれないように、茶碗と茶たくは別々にしておくのがポイントです。お茶を運ぶときは、お盆を両手で高すぎず、低すぎずの高さ(胸のあたり)で持ちますが、この時、運んでいる人の息がお茶にかからないようにしましょう。

1.ノックを3回し「失礼いたします」と言って入室します。この際、ドアが開いていたとしても「入ります」という合図のためノックをします。

2.サイドテーブルにお盆を置き、茶たくの上に茶碗を置きます。茶たくは、両手で持って「失礼します」と一言添えながら差出します。

サイドテーブルがない場合は、入り口に近い側のテーブル端にお盆を置きましょう。またサイドテーブルにもテーブルにもお盆を置く場所がないときは、お盆を持ちながら、片手で出してもOKです。しかし正式な出し方ではありませんから「片手で失礼します」と一言添えるようにしましょう。

日本茶、コーヒーなど、会社によってお出しする飲み物は違いますが、お出しする手順は変わりません
3.お茶を出す順番は、役職の高いお客様からです。上座に座っている人からお出しすれば、間違いありません。お茶は、お客様の右側から出すのが正式ですが、スペースの関係上、難しいようであれば、左側からでも問題ありません。それも無理であれば「前から失礼します」と一言を添えて、前から差し出します。

この時、茶碗に絵柄ある場合は、絵柄が相手の正面になるように置くようにします。蓋付きの場合は、蓋と湯のみの絵柄をあわせるように気をつけてください。

4.出席者全員にお茶を出し終えたら、お盆は脇に抱えて、ドアの前でお客様のほうを向き「失礼いたしました」と言い、一礼し退出します。

5.廊下に出たら、軽く会釈しながら、静かにドアを閉めます。

次にお茶の入れ方と、お茶にまつわる「どうする?! こんな時」をご紹介します。>次ページへ

更新日:2013年10月15日

(公開日:2010年09月28日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    17

    この記事を共有する