ビジネスマナー/電話応対・名刺交換のマナー

好印象を与えるビジネスでの名刺交換

ビジネスマナーの「はじめの一歩」、名刺交換の仕方をおさえましょう。「こんなときどうする?」や「美しい名刺交換のコツ」などもお教えしましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
正しい名刺交換の仕方を、あなたはマスターしていますか?  新入社員であれば多少の失礼は笑って許されても、入社数年も経っていれば、エチケット違反。名刺は大切なビジネスツール。失礼がないよう大事に扱われなくてはなりません。もう一度ちゃんと復習してみませんか? 名刺交換は、お仕事の基本中の基本です。

名刺交換、基本の4つのステップ

■STEP 1
名刺交換STEP1








あらかじめ名刺入れを手元に用意しておき、すぐに名刺を取り出せるようにしておきましょう。目下あるいは訪問者の方から相手に近づき、先に名刺を出します。


■STEP 2
名刺交換STEP2

名刺を片手で持ち、もう片方を添えながら、相手に正面を向けて差し出します。このとき社名・部署名・フルネームを次のように名乗ります。「○△商事 第2営業部 美月あきこ と申します」。この時、相手が差し出した名刺の高さよりも低い位置で差し出すことで、謙虚さを表すことができます。


■STEP 3
名刺交換

また、お互いに同時に名刺を差し出している場合は、お互い右手で差出し、左手で受け取ります。

名刺交換

受け取ったら、すぐに右手を添えるようにします。相手の名刺を受け取ったら、「頂戴いたします。よろしくお願いいたします」と答えます。

名刺交換








このときに、「珍しいお名前ですね。何とお読みすればよろしいでしょうか」「素敵なお名前ですね」など一言添えると、緊張した空気も和らぐでしょう。ただし、こうして会話を交わす時も、基本的に名刺は胸より上の高さでキープしてください。


■SETP 4
名刺交換








受け取った名刺は、すぐに名刺入れにしまわないようにしましょう。名刺入れの上に併せて持ち、テーブルがある応接室などの場合は、椅子に座った後にテーブルの上に名刺入れ、名刺の順に積み重ねておきます。

名刺をしまうタイミングは、その場の雰囲気によって判断します。基本的に、「相手の名前を覚えるまで」ですが、大体の場合、テーブルに置いた名刺を名刺入れにしまう動作は、打ち合わせや商談がそろそろ終わるという時の合図になります。名刺をしまうタイミングは周りの人に合わせておけば間違いないでしょう。

相手が何名かいて、すぐには全員の名前を覚えられないときは、机の上に、相手が座っている順番に並べると顔と名前が一致して、覚えやすくなります。

更新日:2014年02月18日

(公開日:2010年04月23日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    40

    この記事を共有する