オフィスで使うエレベーターの乗り方、降り方、立ち位置ルール

エレベーター内での席次、マナー

エレベーター内での席次、マナー

急ぐあまりに飛び乗ってしまった!
閉めようと思ったら誰かが飛び乗ってきた!
自分が乗ろうとしたら突然閉められた、など。このようなエレベーターにまつわるご経験、あなたにもあるのではないでしょうか?

オフィスで使うエレベーターにも乗り方、降り方、立ち位置などにマナーがあります。今回は、エレベーターに乗る前、乗った後、そしてエレベーター内での席次、マナーについて確認してまいりましょう。

エレベーターホールはどの位置で待つ?

エレベーターの到着を待つ際には、扉の脇に立ちます。扉の前に立つとエレベーターから降りる人の邪魔になるためです。スムーズに乗り降りができるようにするための配慮です。
扉の正面に立つのはNGです。内部にいる人からすると開いた瞬間、誰かの顔がドアップになる状況は少々恐ろしくドキリとする瞬間でもあります。降りる人の妨げにもなりますので扉の脇に立つのがスマート


来客者や上司とエレベーター待ち

軽く会釈をして「お先にどうぞ」と言いながら、エレベーターホール側の▲▼ボタンを押さえて先にお乗りいただきます。続けて自分も乗り込みます。先乗者がいない場合には、操作パネルの前に立ち操作します。

降りる人が最優先

エレベーター利用の優先順位は、降りる人が優先です。乗っている人が降りたら、その後に来客者、目上の方が乗ります。オフィス以外では高齢者や子供、乳幼児連れ、女性の順番です。

降りる際に同乗の男性からレディファーストの気遣いをしてもらったら、遠慮せず「ありがとうございます」とお礼を述べて降りましょう。「いえいえ先にどうぞ」などと遠慮していると、もたついて他人の迷惑になります。好意は受け入れて、軽い会釈と笑顔でお礼の気持ちを伝えます。

エレベーター操作盤前での振舞い方

「何階ですか?」と笑顔でやさしく話しかけられたら、エレベーター内の殺伐とした雰囲気が一気に温度上昇します
エレベーターに乗った際、操作盤の前に誰もいない時には率先して操作盤前に立ち、同乗者の行き先階を押します。知らない人同士の場合には「○階お願いします」とは言いづらい面もありますので、その気持ちを察して「○階ですか?」と声を掛けましょう。無言で手を伸ばし、自分の降りたい階のボタンをそれぞれが押す光景は、少し殺伐とした感じがあります。

「開」「閉」ボタンの連打はキケン

降りる人がいる場合は、完全に降りるまで「開」ボタンを押さえておきましょう。急いでエレベーターに飛び乗って来る人もいます。「開」ボタンを押さえ完全に乗り込んだことを確認し「閉」ボタンを。自分が急いでいるあまり、「閉」の連打など危険ですからやめましょう。エレベーター内部は照明が暗い場合もあります。「開」「閉」ボタンを見間違えないように注意が必要です。

おしゃべり・飲食厳禁

来客者や社内の他部署の人など、誰が乗っているかわかりません。情報漏えいにもつながります。知り合いと乗った際にも、会話は一時中断しましょう。エレベーター内の声は案外響くものです。エレベーターホール近くの廊下にも聞こえる可能性もあります。必要以上に話をしない、クスクス笑わないのがマナーです。

エレベーターの中は、外部のお客様も乗っている可能性があります。食べ物の匂いもこもりますし、あくまでも公の場であることを忘れずに。

操作してもらったらお礼を

操作ボタンを押してもらったら「ありがとうございます」とお礼を言いましょう。降りる際にも「ありがとうございます」「失礼致します」と会釈を。見ず知らずの人同士も声掛けするかしないかで雰囲気が一変することからも、声を掛け合うことの重要さがよくわかります。

携帯電話で気配り力が問われます

エレベーターの暗い照明の下でのメール操作は視力がおちてしまわないかと心配だったりもします。
携帯電話はONの状態にしておくだけでも微弱な電波を発しています。飛行機や電車の中では【機器が誤作動を起こす可能性】や【心臓ペースメーカーなどの医療機器に重大な影響を与える可能性】を挙げながら頻繁に注意喚起がなされています。ではエレベーター内ではどうでしょうか?

エレベーターは比較的電磁波ノイズに強いとは言われているものの、全くのノーリスクではありません。面倒でしょうが、公共の乗り物・エレベーターに乗る際にも電源はOFFにしておくべきです。

また、人との接触を最小限に抑えたいからなのか、ずっと俯いたままで猫背でメールを打っている人を見かけます。あまり格好良い姿とは思えませんし、オフィスのエレベーターは部署・職位に関わらず様々な方との出会いの場でもあります。次の仕事に繋がる出会いになるかもしれません。いつでも良いご挨拶が出来るように、いったん携帯から目を離し、背筋を伸ばしてみませんか。

エレベーターにも席次

応接室や会議室に席次があるようにエレベーターにも席次があります。役職に関わらず、社外からの来客者が上座です。操作盤の位置で上座や下座がかわりますので、確認しておきましょう。
<操作盤が1ケ所>上座は操作ボタンの後ろの壁側。2番目は上座の隣り。3番目は操作盤の隣り。下座は操作盤の前。<操作盤が2箇所>上座は操作盤から一番遠い後ろ左の壁側。下座は右側の操作ボタン。


エレベーターに乗る人やその流れをよく見る、そしてタイミングが重要です。お客様、そして先輩や上司など職位の上下だけではなく、体の不自由な方や重い荷物を持っている人などの動きをよく見ながらの柔軟な対応や、一歩引き気味の態度が求められます。

知らない人同士が共有する狭いスペースです。お互いが気持ちよく過ごすためにお互いが配慮し合うことが大切です。

【関連INDEX】
接客応対のマナー