ビジネスマナー/ビジネス文書・お礼状マナー

ビジネスの郵便マナー・封筒の宛名の書き方編

情報伝達の多様化により、郵送する文書量は年々減り続けています。これは郵送しなければならない郵便物の重要度が増してきたとも言えます。今回は郵便物の第一印象を決める「封筒」のマナーについて解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
間違いやすいポイント
  • 縦書封筒の表面の場合、住所は略さずに「**番**号」まで漢数字を使う
  • 縦書き封筒の場合、裏面には「〆」「封」などの封字を書く
  • 横書き封筒の場合、切手は右上に貼るのが決まり
情報伝達手段の多様化により、郵送する機会は減少傾向にあります。これは裏を返せば、郵送で送らなければならない郵便物の重要度が以前よりも明確になったということではないでしょうか。今回は、そんな重要度の高い郵便物を出す際に必要な「封筒」のマナーについて解説します。

封筒は大切な郵便物のパッケージです

縦書きの方がより丁寧な印象を与えます。お礼状やお詫び、ご依頼などの改まった内容や目上の人への手紙は縦書きが基本とされています
封筒は手書きが基本です。郵便物が届いて、まず最初に目にするのは封筒です。その郵便物の第一印象を決定付けるのは、パッケージである「封筒」というわけです。丁寧に楷書で書くことや、いくつかの決まったマナーを守らなければならないことは言うまでもありません。それでは早速、縦書き封筒の書き方から確認しましょう。


縦書き封筒 表面の書き方

■切手
切手はなるべく少ない枚数にしましょう。2列で貼っているケースもありますが残り物をかき集めて貼った印象を与えてしまいます。記念切手の場合には、ビジネス上相応しいものを選びましょう。

■住所
都道府県名から縦書きで書きます。文字数とスペースを考えながら均等に割り振ります。スペースが足りなくなって寸詰まりになっているものは見た目にも良くありません。住所は略さずに「**番**号」まで漢数字を使って書きます。「-」を使っても良いです。
「親展」は外脇付けと呼ばれます。「ご本人自ら開けて下さい」という意味で「親しみを込めて」という意味ではありません。その他、外脇付けには「至急」「重要」などがあります

■宛名
中央に大きく、住所よりも一段下げて書き始めます。会社名は(株)(有)などと略さず、「株式会社」「有限会社」などと正式名称で書きます。個人名を併記する場合には、会社名に「御中」や敬称は付けません。個人名の宛先の下に「様」を書くだけです。部署名がわかっている場合には省略せずに記入します。

縦書き封筒 裏面の書き方

■封締め
縦書き封筒の場合には、「〆」「封」などの封字を書きます。これは「確かに封を致しました」というしるし。横書き封筒の場合には省略してもよいことになっています。
「〆」は「封字」と呼ばれるものです。「確かに封をしました」というしるしです。この他、「締」「封」「鍼」の字が用いられることもあります。お祝い事には「寿」「賀」を使います
■差出人住所
封筒の継ぎ目の右側に日付、そして中心線から左側に住所と名前を書きます。宛名よりも小さめの字で書きます。郵便番号も省略せずに書きます。

■差出人氏名
封筒の継ぎ目の右側に住所よりも大きな文字で書きます。

次に、横書き封筒について見てみましょう。

更新日:2014年01月20日

(公開日:2009年05月28日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    100

    この記事を共有する