暮らしの歳時記/日本のしきたり・マナー

バツはNG!覚えておきたい封筒の「封字」

封筒をとじた後、どんな封字を書いていますか?「×」ではなく「〆」。ほかにも「封」「寿」「蕾」などがあり、洋封筒には独自のマナーがあるので要注意。用途に応じて封字や封印グッズを使い分けましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

封字とは?

「×」ではなく「〆」と書きます。スタンプやシールを活用しても楽しい♪
封筒をとじたあと、どんな封字を書いていますか? 封字とは確かに封をしたという印であり、途中で誰かに開封されていないという証です。

一般的には締めるという意味の「」と書きますが、これは「×」(バツ印)ではありませんからご注意ください。

また、封字を書くかわりに、封字のスタンプや封印シールを使うこともできます。ビジネスシーンでも使えるタイプ、プライベート向きのカジュアルなタイプ、季節感のある風流タイプなど色々なものがありますから、こうしたグッズを活用しても良いでしょう。


洋封筒は要注意

外国宛ての手紙で「〆」はタブー
封字は古代中国で木簡に泥粘土をあてて印を押した封泥(ふうでい)に由来します。

日本では封字ですが、欧米ではシーリングワックスという蝋を溶かして、シーリングスタンプを押す方法になったため、洋封筒(横書き)や外国宛ての郵便には、封字を書く必要はありません。とくに外国の方には「〆」が「×」に見えるのでタブーとされていますから、シーリングスタンプや、封印シールにしたほうが良いでしょう。ただし、洋封筒を縦書きで使う場合には、封字を書いても構いません。


封字の種類と使い方

「〆」以外にも様々な封字があります。
  • 「〆」「締」……締めるという意味で、「〆」は「締」の略字。

  • 「封」……封じるという意味で、少しあらたまった印象。

  • 「緘」(かん)……とじるという意味で、重々しい印象。重要な書類に使う。

  • 「寿」……おめでたい意を込めて、婚礼などの慶事に使う。

  • 「賀」……おめでたい意を込めて、祝いごとや祭りごとなどの慶事に使う。

  • 「蕾」「莟」「つぼみ」……つぼむという意味で、女性のみが使える。平仮名の「つぼみ」は縦書きで用いる。

無難な「〆」だけでなく、用途に応じて封字や封印グッズを使い分けてはいかがでしょう。あなたの気持ちが伝わって、コミュニケーションにも一役買うはずです。

更新日:2014年03月08日

(公開日:2010年03月08日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    7

    この記事を共有する