ビジネスマナー/ビジネスマナーの基本知識

ビジネスでの敬語(言葉遣い)の基本

どんなに能力が高くても、敬語が正しく使えなければビジネスパーソンとしての信用は得られません。そこで、敬語の重要性、敬語の基本ルール、ビジネスシーンでよく使う敬語の使い方と注意点をご説明致します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一般的に相手を思いながらあれこれと気を配ることを「心遣い」といいます。言葉も「言葉遣い」と綴るように、届ける相手に対する配慮が必要です。

言葉は、その人を直接的に表現します。話している内容が正しくても、思いやりの精神に欠けていたり、言葉遣いがおかしければ、相手はその人を社会人として一人前ではないと判断するでしょう。内容さえも正しく受け取ってくれないかもしれません。

ビジネスの場では、それにふさわしい言葉遣いがあり、敬語はその最たるものです。敬語が正しく使えなければ、ビジネスパーソンとしての信用は得られないでしょう。そこで、敬語の重要性、敬語の基本ルール、ビジネスシーンでよく使う敬語の使い方と注意点を説明します。

敬語は人間関係の基本

敬語をつかいこなす事で、信頼やあなたの人間性までも高められ信用度がアップ
「ちょっと待っててよ」と「少々お待ちいただけますか」は、同じ意味です。でも、印象は全く異なります。前者は、友人や家族など親しい間柄で使う普段着の言い方で、プライベートで使う言葉遣いです。後者は、目上の人や社会的地位の高い人、顧客や得意先、初対面の人などに対する敬語を使った丁寧な言い方です。

このように、私たちは日常生活のなかで同じことを言うにしても、相手によって、状況によって、さまざまな言い方をしています。つまり、「言葉遣い」を使い分けているのです。話し手が、聞き手や話題にしている人物を高めて表現する言葉遣いが「敬語」です。字が示すように「人を敬うための言葉遣い」です。つまり、思いやりの気持ちがこもった言葉遣いのことです。

ビジネスパーソンにとって適切な敬語を話すことは、周囲との人間関係を築いていくための基本といえるでしょう。同時に、あなたに対する信頼を強めていくために欠かせないビジネスマナーであり、あなたの教養や人格のバロメーターでもあるということです。

ビジネスシーンで適切な敬語が使えないと、仕事の内容に入る以前に、あなたの人間性や信頼性まで疑われる可能性もあります。だから、敬語はとても大切なのです。

覚えておきたい敬語の種類

相手に対する敬意を示すために使う言葉が敬語です。その敬意の示し方によって、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類に分けられます。

尊敬語
相手や相手の動作、状態などを直接高め、尊敬の気持ちを込める言い方。
尊敬語には、次の3つのグループがあります。
  • 尊敬の意味を表わす「お・ご・御・貴」などの接頭語を名詞につけるグループ
    例:お考え、お仕事、ご家族、ご訪問、貴社、御社
  • それ自体が敬語の意味を表わす語のグループ
    例:おっしゃる(「言う」の尊敬語)、召し上がる(「食べる」「飲む」の尊敬語)、なさる(「する」の尊敬語)
  • 「れる・られる」「ご(お)…になる」などをつけ加えるグループ
    例:お読みになる、お越しになる、お帰りになる、ご覧になる

謙譲語
自分をへりくだり、間接的に相手を高める言い方。自分の動作、状態に使います。
  • 謙譲の意味を表わす「弊・拝・愚・ども」などの接頭語・接尾語をつけるグループ
    例:弊社、拝見、拝受、愚考、私ども、手前ども
  • それ自体が謙譲の意味を表わす語のグループ
    例:お目にかかる(「会う」の謙譲語)、いただく(「もらう」の謙譲語)、拝見する(「見る」の謙譲語)
  • 「お…する」「ご…いただく」などをつけ加えるグループ
    例:ご招待いただく、お喜び申し上げる、お持ちする

丁寧語
話し手が自分の言葉を丁寧に言うことで聞き手への敬意を示す言い方。
丁寧語には、次の2つのグループがあります。
  • 「です」「ます」「ございます」を語尾につけるグループ
    例:こちらが営業部です、地下に駐車場がございます
  • 名詞に「お」「ご」をつけるグループ
    例:毎日お暑い日が続きます、部長からごほうびをいただきました

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年09月26日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    18

    この記事を共有する