海外旅行保険/海外旅行保険の基礎を学ぼう

クレジットカードの海外旅行保険を活用する

海外旅行保険で忘れてはならないのがクレジットカード。年会費無料で海外旅行保険付帯のカードもありますからこれを使わない手はありません。カード付帯の海外旅行保険の活用を考えてみましょう。

平野 敦之

執筆者:平野 敦之

損害保険ガイド

  • Comment Page Icon

海外旅行保険で忘れてはならないのがクレジットカード。年会費無料で海外旅行保険付帯のカードもありますからこれを使わない手はありません。カード付帯の海外旅行保険の活用を考えてみましょう。


クレジットカード付帯の海外旅行保険のポイントと注意点

旅行先によっては治療費用が高額になるため、病気やケガで入院した場合の治療費用や救援者費用などの保障が手厚い方が、実務的には助かる場面が多くなります。

治療費用に高額の保障がついているケースはあまりないので、ここを考慮してプランを考えてみましょう。

クレジットカード付帯の海外旅行保険で主な注意点を2つ挙げます。
・保障金額が十分か。
・海外旅行保険を適用するにあたって条件がつけられていないか。

治療費用などが高額になることはお話したとおりですが、カード付帯のものであれば200~300万円ついていれば良い方です。治療費用や救援者費用は、実際のところこの程度では不十分なケースも多いので上乗せを検討してみてください。

また旅行代金をカードで決済しないと海外旅行保険の適用対象にならないなど条件がついていることも珍しくありません。カードに保険があるからと安心しないで事故の際の対応も含めて内容は出発前に必ず確認しましょう。


クレジットカード付帯の海外旅行保険はこうして活用

通常カード付帯の保険は死亡保障「以外」の保障(例えば治療費用など)は、複数の契約がある場合、すべての保険の補償の合算額を上限に実際の損害額をそれぞれ按分して保険金を支払います。

手持ちの複数のカードにそれぞれ海外旅行保険があるなら、死亡保障以外は合算した金額が上限になるので、それなりの保障がすでにまかなえている可能性はあります。

契約がバラバラなのでちょっと面倒ですが、前述の注意点を考慮して必要があれば上乗せプランに加入するなどしてカード付帯の海外旅行保険を活用してみましょう。
カードを2枚持てば、海外旅行保険も2倍?
無料カード付帯の海外旅行保険は使えるか?
海外旅行保険の選び方・比較
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/4/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます