ビーナスラインの道沿いに見られる花

ビーナスライン周辺は、ニッコウキスゲに限らず高原の花たちの宝庫。クルマを止めて5分ほど遊歩道を歩くだけでも、たくさんの花が見られる。八島が原湿原駐車場にある八島ビジターセンターあざみ館や、霧ヶ峰の自然保護センターに行けば、今咲いている花の情報も教えてもらえるだろう。

エゾカワラナデシコ
エゾカワラナデシコ
草原に埋もれるようにポツンと咲いていることが多いので見つけにくいかも。平地にあるカワラナデシコとほとんど見た目は変わらない。7月中旬から8月。
コオニユリ
コオニユリ
花期は7月下旬から8月上旬。八島が原の周辺などで、ほかの草から抜け出るように咲いているオレンジ色の花が遠くからも目立つ。
コウリンカ
コウリンカ
花が終わりかけたような感じだけど、これで満開。ちょっと不思議な色の花。7月中旬から8月上旬。
クガイソウ
クガイソウ
やや湿り気のある草原で、細長いブラシのような薄紫色の花を付けて群生している。7月下旬から8月中旬頃が盛り。
マツムシソウ
マツムシソウ
園芸植物のスカビオサ(セイヨウマツムシソウ)はこの仲間。車山の山頂や美ヶ原に群生地がある。花は比較的遅く、8月上旬から9月にかけて。
ノアザミ
ノアザミ
平地にあるノアザミと同じ。ビーナスライン周辺ではほかの花に比べて比較的早く咲き、6月中から花が見られる。花にはよくミドリヒョウモンなどの蝶が集まっている。バックは蓼科山。
ノハナショウブ
ノハナショウブ
数多い園芸品種の元になった花。少し湿り気のある草原に咲いている。花の真ん中に黄色い筋があるのが特徴。7月下旬から8月上旬。
ツリガネニンジン
ツリガネニンジン
どちらかというと秋の花で、遅いものは9月まで見られるけれど、これは車山肩で7月下旬に咲いていたもの。あまり伸びすぎると間が抜けて絵にならないのでこのくらいがいいかも。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。