自分のために買うもよし、友達に買って帰るのもよし! 調味料や瓶詰めなど台北のスーパーマーケットで見つけた、美味しくて使えるおみやげが勢ぞろい! 今回は「食品」をご紹介します。

>>>>台北のお土産・ショッピング最新情報はこちら!

台湾料理に欠かせない調味料『沙茶醤』とお粥に合う『幼筍』

写真をクリックすると次の写真に進みます
写真左『沙茶醤(サーチャジャン)』127g 47元(約127円)、写真右『幼筍(ヨウスン)』170g 49元(約132円)


台湾の『火鍋(フォグオ)』をお家で再現したいならぜひ買って帰りたいのが『沙茶醤(シャーチャジャン)』(47元/約127円・写真左)です。こちらは台湾で『火鍋(台湾鍋)』のつけダレとして使われています。

『沙茶醤』は牛肉や野菜の炒め物にも使えます。炒めものに使うときは、『沙茶醤』だけだとちょっと味が薄いので、醤油や塩をプラスして炒めるのが美味しく仕上げるコツです。

また、写真右にあるのは、たけのこの瓶詰め『幼筍(ヨウスン)』(49元/約132円・写真右)。台湾のホテルの朝食ではお粥用に数種類のトッピングが用意されているのですが、この『幼筍』も定番トッピング。たけのこの芽を辣油などの調味料に漬け込んだもので、ほんの少しぴりりと辛いのですが、柔らかくて美味。ご飯にもよく合います。

これらの瓶詰めを台湾で買う予定がある方は、日本からエアパッキン(気泡緩衝材)とジッパー付きポリ袋を持っていかれると良いでしょう。もし割れてしまった時にジッパー付きポリ袋に入っていれば、他の荷物が汚れずにすみます。

これがあれば『サンラータン』がお家で作れます! 次のページへ。