プランC:恋人同士で行く、豪華な温泉と台北3日間

プランC
温泉と都会、両方楽しみたい二人のためのプランです

ワンランク上の旅を楽しみたい、普通の台北ステイでは満足できないという恋人同士のためのプランです。台北近郊の温泉地、烏来(ウーライ)の高級リゾートホテル、『春秋烏来スプリングパークウーライ』を利用したプランをご紹介しましょう。

『烏来』という言葉は、原住民タイヤル族の言葉で温泉を意味しています。まわりはひなびた温泉地ですが、ホテル内は別世界とも言える優雅さ。恋人同士の思い出作りにぴったりですね。熟年夫婦の旅行としてもおすすめのコースです。2人で宿泊して1泊5万円以上(※1)と宿泊料金は高めですが、忘れられない旅行となるでしょう。

1日目は烏来(ウーライ)に直行します。ホテルのレストランで烏来の自然を眺めながら、洗練された台湾料理を堪能。翌日はエステや温泉、冬は温水になる屋外プールなどで存分に楽しみ、チェックアウトをして台北へ向かいます。市内までタクシーで50分位です。

台北101
台北101展望台内に設置されたポストは、葉書のみ投函可能です。
夜は、台湾セレブ御用達のレストラン『紅豆食府』にて本格的な中華をいただいたあと、世界一高いビル、台北101の展望台へ。ロマンティックな夜景を楽しんだら、旅行の記念にお互いに葉書を出しあってみませんか。世界で一番高い場所にあるポストは『家人(家族)』『朋友(友達)』『戀人(恋人)』と用途別に分かれています。葉書や切手は1枚から買えて、日本までの切手は12元(約45円)です。記念スタンプも用意されています。

ディンタイフォン
鼎泰豊は、台北に3店舗あり、どの店もいつも混んでいます。
3日目は台湾で最もファッショナブルなデートスポット『頂好(ディンハオ)エリア』へ。ショッピングを楽しんだ後は、同じ頂好エリアにある小籠包の店、『鼎泰豊(ディンタイフォン)』忠孝店へ行くのもおすすめコースです。

ほかにもおすすめしたい場所がいっぱいの台湾。このサイトでは、台湾のさまざまな観光情報をご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!


【関連リンク】
台湾の超高級リゾートで悶絶快楽を! (烏来紹介記事)

※1 湖が見える部屋は1泊15,180元(約54,650円)から。(2人分の夕食、朝食を含む)週末は価格が高くなりますので、各旅行会社にお問い合わせください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。