都会の喧噪に疲れたら、気軽に行こう、烏來温泉!
【その1:日帰り編】

台湾には実は温泉がたくさんある。今回は、台北から気軽に行ける温泉を紹介しよう。そう、オススメ・ポイントは、台北から行きやすくて近い、自然も豊かで素朴、ショートトリップも楽しめる。

台北という都会から、ほんの少し足をのばせば簡単に小旅行が楽しめる。目指すは温泉場の名前は「烏來」。烏來は、台北から路線バスで1時間半。捷運(MRT:地下鉄)新店線の終点、新店駅で下車して路線バスに乗り換えても約30分(NT$37)で到着。台北から南に30kmほどの南勢渓岸にある台湾先住民・タイヤル(泰雅)族の村で、タイヤルの言葉で温泉を表す”ウーライ”に漢字をあてて「烏來」となった。烏來の温泉は、弱酸性の炭酸水素塩泉で無臭透明、肌がすべすべになるなどの効用が期待できる。

バスの車窓からも、バスを降りてからも、目の前に流れる南勢渓のヒスイ色が気になって仕方がない。周囲の深い緑と河のヒスイ色を見ただけで、都会から離れたなあと思える。

この烏來には、無料の露天風呂と有料の温泉施設がある。まずは有料の方から行ってみよう。
 
 

烏來には短いメインストリートがあるので、まずはここを歩く。メインストリートは200mほど。車が1台通れる幅の両脇には、山や川で採れる食材を売り物にした食堂や名物菓子「モアチ({米麻}{米署})」、小米酒(アワのお酒)、しょぼい土産物店などが並び、ひやかしながら歩いても楽しい。

この一画に有料の温泉施設がある。「国際岩場」や「小川源」という名前がそれ。こういったところは有料で、NT$300ほど払えば貸しタオル付き(シャワーキャップもあり)で利用できる。手ぶらで来てもいいのだ。

私設の中には、家族風呂(4名まで利用可能な個室風呂)の他、男女別の屋根付き露天風呂がある。こちらは水着は不要。台湾の人は、人前で裸になるのを好まない人も多く、またカップルでお風呂に入りたがる傾向もあり、どこに行ってもだいたいは個室風呂が完備。私なんかは、「せっかくだから露天」と思う質で、この「せっかくだから」がわざわざ温泉場に来た意味でもあるんだけど。
さて、屋根付き露天風呂の脱衣場には、日本語も話せる世話焼きオバサンがいて、やれシャワーキャップをかぶれだの、やれ湯加減はどうだの、ひっきりなしに話しかけてくれる。わからないことがあれば、いや、なくてもオバサンが教えてくれる。女性は必ずシャワーキャップをかぶること。脱衣所には、鍵付きのロッカー、ドライヤーの備え付けがある。

温泉は、熱いのとそんなに熱くない2種類の湯船がある。簡単な打たせ湯、塩のおかれたサウナ、冷水の湯船もある。バスタオルを巻いて、河沿いにいけば椅子もあって風にあたれて気持ちがいい。が、よーく見れば河の反対側の岸から丸見え! 簡単な塀はあるものの、意味はない。気にしない気にしない…。
うわ、角度によっては屋根の上にある無料休憩所からも見えちゃう。こっちの方がやだな。なので、気になる方は必ずバスタオルを巻いて座る場所に気を付けて。
温泉からあがったら、無料休憩所でショウガ入りのお茶を飲んで。お金を払えば食事も可能。ここで一息つける。

またメインストリートに出てその河岸に露天風呂が見える。この河岸には温泉の源泉があり、これを利用して作られた無料の露天浴場が気になるではないか。ここに行くには、メインストリートを通り抜けた先にある烏來特定区入口でNT$50の入山料を払って、橋を渡り、右に曲がれば着ける。

無料露天風呂にはオジサンオバサンが集っているし。あっ、もちろん水着着用ね。簡単な脱衣所(男女別)もあり、着替えも一応は安心。露天風呂には常連も多く、マイ茶道具を揃えては人にお茶をふるまっているオジサンもいる(まさに住んでそうな勢い)。言葉は通じなくとも、裸のおつきあいで、すぐにうち解けられるのがここの露天風呂だ。

風呂で身体が熱くなったら、眼前に流れるヒスイ色の南勢渓に飛び込めばいい。いや、別にとびこまなくてもいいけど。で、河で身体が少し冷えたら温泉に戻るか、傍らにある簡易サウナに入ってもいい。ここに来ている常連さんは、とにかく元気で肌の血色が驚くほどいいのは、やっぱりここにある「開放感」のおかげであった。


台北から日帰りで(半日でも十分)楽しめる烏來の温泉施設はここまで。次回は【その2:烏來の民宿に泊まってみよう】をお届け。民宿のご主人は生粋のタイヤル族のご夫婦、日本語もOK。素朴なもてなしと木漏れ日が気持ちいい露天温泉風呂をお楽しみに!


烏來の代表的な温泉施設(有料)
國際岩場 台北縣烏來郷烏來街22号
TEL:02-2661-6351
小川源
(閲覧にはフォントBig5必要)
台北縣烏來郷烏來街32号(國際岩場の横)
TEL:02-2661-6222
巨龍山荘 台北縣烏來郷忠治村堰堤85号
TEL:02-2661-6333
個室NT$200、女性専用温泉サウナNT$480、露天大浴場NT$200
(女性専用サウナ7:00~23:00
、露天6:00~24:00)
※宿泊も可能

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。