大晦日は花火です!

無料地下鉄
大晦日の夜は、地下鉄が無料に!
イギリスの大晦日は、各地で盛大な花火大会が行われます。もちろんロンドンでも、ロンドン・アイを中心としたテムズ川で恒例の花火大会が。毎年35万人あまりの見物人が集まる人気イベントなので、当日はかなりの混雑が予想されます。ベスト・ポジションを確保したいなら早めのお出かけを。

ロンドン市オススメの見物ポイント地図はこちらです。簡易トイレや救急隊の待機場所が書いてあるので、プリントアウトして持って行くと便利ですよ。

ニュー・イヤーズ・イヴ ファイヤーワークス・ディスプレイ(New Near's Eve Fireworks Display)
日時: 12月31日(月) 24:00
場所: ロンドン・アイ周辺
最寄駅: ウェストミンスター、エンバンクメント、テンプルなど (ウェストミンスターは21:00、その他周辺の駅は23:00に閉鎖)

もし、大晦日のパーティーと花火見物を同時に!という欲張りさんは、、サウス・バンク・センターへ! 31日行われるイベントの参加者は、サウス・バンク・センターのバルコニーから花火見物ができます。ココが一番の特等席かも! 31日のイベントは、Super Furry Animalsのライブ(50ポンド)と、サイレント・ディスコ(30ポンド)。サイレント・ディスコとはその名の通り、静かなディスコ。2005年の誕生以来、静かに(?)流行中です。音響ガンガンのクラブで踊るのではなく、それぞれがヘッドフォンをつけて静か~に踊る、傍目にはとってもフシギな光景が展開されるユニークなイベントです。

なお、大晦日の夜は、ロンドンの地下鉄は夜通し無料運行(23:45~04:30)となります。帰りの足を気にせず、思う存分遊べますよ!


ロンドンの新年は、恒例パレードで幕開け!

そして1月1日は、毎年恒例の「ニュー・イヤーズ・デイ・パレード」でお祝いです。世界各国から1万人を超えるダンサーやミュージシャンが集結! 見物客も50万人ほど集まる、にぎやかなイベントです。

パレードのスタート地点は、ビッグ・ベンを望む国会議事堂前のパーラメント・スクエア。ここからトラファルガー広場、リージェント・ストリート、ピカデリー・サーカスなど、観光客にもおなじみのロンドン中心エリアを練り歩きます。

ニュー・イヤーズ・デイ・パレード(New Year's Day Parade)
日時:1月1日(火)12:00~15:00ごろ
場所:Parliament SquareからBerkeley Streetまで
詳しいルートはこちら

なお、大英博物館やヴィクトリア&アルバート博物館などおもな美術館、博物館は1月1日からオープンしています。通常ほど混雑していないので、ゆっくり鑑賞できること間違いなし!です。

それでは、楽しい年末年始をお過ごしくださいね!


【関連記事】
  • ロンドンのX'mas、イルミネーション散歩……ロンドンでも町中がイルミネーションで美しく飾られています。今回は、ロンドンのクリスマス風景を写真でお届け! あれ? よーく見ると何だか気になるモノが……。
  • 「2007年版X'masサバイバルガイド」……ほとんど都市機能が停止してしまうクリスマス。交通機関の運行状況や、レストランやミュージアムの営業情報、そして病気や犯罪などのトラブル時の対応をまとめました。
  • 200年前のイギリスへタイムスリップ……200年前のイギリスの生活を忠実に再現! このミュージアムのクリスマス・ディスプレイは必見です。
  • イギリスの美味しいクリスマス……イギリスの一般家庭で出される12月25日の典型的なクリスマスディナーの献立に付いてお話します。
  • 知らないと損する! X'masサバイバルガイド……実は楽しいだけじゃないイギリスのクリスマス。知らないととっても困る、ロンドン版クリスマスサバイバルガイド、必読です!

    【関連リンク】
    ロンドンでショッピング……お買い物は旅行の楽しみ。素敵なお土産や思い出の品に出会えるといいですね。イギリスならではのショップや蚤の市(マーケット)情報です


    ガイドメールマガジンでは、ガイドサイトの本編では紹介しきれない、注目イベント、話題のお店などなど、イギリスの最新ニュースやお役立ち情報を、いち早くお届けします。ぜひ登録してくださいね!登録はコチラからどうぞ。
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。