※2012年2月をもって終演しました

シルク・ドゥ・ソレイユがマカオに登場!

2002年にカジノ独占法が解除されてからというもの、マカオの埋め立てエリアにはカジノホテルがそびえたち、それと同時にショッピングやエンターテインメント施設も次々と登場しています。特に注目が高いカジノホテルリゾートヴェネチアン・マカオ・リゾートは、3,000万人の来航者のうち2,000万人は訪れるという、マカオの重要な観光スポットです。中にはカジノ、スパ、プールをはじめ、ベネチアの運河を再現。大人から子供まで楽しめるこのリゾート内に、なんとアジア初のシルク・ドゥ・ソレイユがオープンしました。マカオのために作られた演目「ZAIA」を引提げお目見えした「シルク・ドゥ・ソレイユ」の魅力に迫ってみましょう。

シルク・ドゥ・ソレイユって何?その魅力とは?

ZAIA
3年もの月日をかけて生まれた演目「ZAIA」。ZAIAは少女の名前で、「生命」を意味するギリシャ語です
日本でもよく耳にする「シルク・ドゥ・ソレイユ」。その実態は何かご存知でしょうか? フランス語で名づけられたこの名前を直訳すると「太陽のサーカス」。1984年にカナダのモントリオールでわずか20名のストリート・パフォーマーから誕生した劇団で、今や40ヵ国の国籍をもつ総勢3,800名を越えるカンパニーにまで成長、世界5大陸、200都市を超える場所を巡り、7,000万人以上の観客に感動的な舞台を披露しているのです。

 

ZAIA
舞台の時間は90分。世界各地からやってきた75名のアーティストが、パフォーマンスを繰り広げます
シルク・ドゥ・ソレイユの常設劇場は世界で7都市。そのなかのアジア初となる常設劇場が、2008年8月にヴェネチアン・マカオ・リゾート内に設けられました。日本でも同年10月1日に東京ディズニーリゾートにオープンし、話題になっていますね。でも、同じシルク・ドゥ・ソレイユですが、観られる演目が違うのです。ここ、マカオで上演されるのは、マカオのために作られた新作「ZAIA」。ZAIAという名の少女の目線で捕らえた宇宙や、生命の神秘を表現しているのです。

次のページでは、ZAIAの舞台が始まるまでの舞台裏を覗いてみましょう。