オンナの勘で即決!
偶然入ったお店で最初の品をゲット!


「Lee Fung China Ware」
「Lee Fung China Ware」で品物を探す日本チーム
再びセントラル駅へと坂を下りていく途中に、一軒のお店がふたりの目に留まりました。「Lee Fung China Ware」という中国磁器のお店です。

予定とは違うお店でしたが、せっかくだからちょっと覗いてみようか、とふたりは店内へ。
店内には、かわいい茶器やアンティークの置物などが所狭しと並んでいます。

ぐるりと店内を一周していると、彼女たちの足がある品の前で止まりました。
それは、桃の花が咲く池に小鳥たちが水を飲みに来ている様子を表現した、飾り物(風水盤)でした。電動で水が流れるようになっていて、涼しげな感じがします。

桃の花が咲く風水盤
最初のタスクの品物はこれに決定!
桃の花は、中国では縁起の良い花。また水が流れるさまは「お金が回る」という意味にも通じるため、ビジネスなどをしている人にとても喜ばれるのだそう。

佐藤さんと宮谷さんは、しばし相談した後、この風水盤を最初のタスクの品として購入することに決めました。値段は、定価HK$760だったものがセールでHK$380。さらに観光客は5%引ということで、最終的にHK$361(約5415円)になりました。

「桃は日本でも縁起が良い花ですし、きっと日本でも喜ばれると思います。でも、一番の決め手は“オンナの勘”ですね(笑)」
一軒目のお店で即決した理由を“オンナの勘”と笑って説明してくれた宮谷さん。私たちはこの後何度も彼女たちの鋭い“勘”を見せつけられることになります。


ひとつめのトレジャーもゲット!


フードスタンド
フードスタンドでフィッシュボールを撮影し、最初のトレジャー・ハントもクリア!
12時30分、大きな箱を手にお店を出たふたりは、今度は、セントラル駅に向かう途中のフードスタンドに立ち寄りました。先ほどの磁器店で商品を梱包してもらっている間に、トレジャー・ハントのテーマ、「香港でオススメのスナック」を店員に尋ね、この辺りで売っている「フィッシュボール(魚団子)」を薦められたのです。

フィッシュボールを食べるふたり
写真だけではなんなので、買って食べてみることに。結局これがコンテスト中に食べる最初で最後の食事になるとは思いもせず…
「フィッシュボール」は、おでんの具に入っていそうな、ボール状の練り物。日本のコンビニでもレジの周りに肉まんや唐揚げなどが並んでいて、買い物ついでに買って食べるという人も多いと思いますが、香港でも同じ感覚で、こうしたフィッシュボールや揚げ物がおやつ代わりによく食べられています。日本人の口にも、きっと合うでしょう。

フィッシュボールを携帯電話のカメラに収め、これでひとつ目のトレジャー・ハントもクリアできました。

最初のタスクとトレジャー・ハントが終わったので、その場で本部にタスク完了のメールを送ります。そして、しばらくすると、本部から第2のタスクが届きました。

第2のタスクはどんな難題が!?>>