文章:森谷 雄(All About「ハワイ」旧ガイド)

「ハワイアンウエディングを希望する花嫁さんの多くは、最初の時点では、漠然と"ハワイ挙式をしたい"というお気持ちだけで、"何をどういう風にしたい"という具体的な要望をお持ちでない場合も多いですね。」とおっしゃるプリンセスモールウエディングのプランナー、Mitsuyoさん。ハワイアンウエディングのプランニングの第一歩は、式場を決定し、予約を確定することから始まるのだそう。そこで、挙式準備のスタート時期と式場選びのポイントをMitsuyoさんに教えていただきました。


ハワイ挙式の準備は、1年前からがベスト

ハワイ挙式の場合、多くの教会が1年前からの予約を受け付けており、人気の教会は、驚くほど早くに埋まってしまうこともあります。まずは、「式場を決定し、予約する」、これが先決でしょう。

教会の予約を無事に入れることができたら、それに付随するものは、半年前くらいから進めて行けば大丈夫なことがほとんどなので、どうしても譲れないお日にちや時間帯、教会の御希望がある方は1年前から、それ以外の方は、できれば半年前には準備がスタートできると理想的だと思います。


式場選びで気をつけたい churchとchapel

カワイアハオ教会
重要文化財に指定されている
オアフ最古のチャーチ

カワイアハオ教会
ハワイアンウエディングのパンフレットで式場を見ていると、歴史ある荘厳な教会やオーシャンビューの教会、そして、山の中にたたずむ小さな教会まで、たくさんの選択肢がありますね。しかし、その教会にも「チャーチ(church)チャペル(chapel)」の2種類があることをご存知でしょうか?

ハワイ挙式における「チャーチ」とは、その名の通り、日曜日には礼拝が行われ、信者さんによって支えられている場所を指しますが、「チャペル」は結婚式専用につくられた商業用の建物で、言わば教会風結婚式場といったところ。営利目的で建てられている建物のため、チャペルを管理する業者の制約があり、自分の使いたいオプションが使えなかったりと、オリジナリティー溢れるウエディングを希望の方には、現状では不向きと言えると思います。

また、教会挙式であれば、再びハワイを訪れた際に教会を自由に訪ねることができ、他の方が挙式をされている時にも、後ろの席に座って自由に見学できるところもあります。しかし、チャペルの場合は私有地のため、立ち入ることさえも難しくなるのです。

もちろん、お二人がこのことをきちんと理解した上であれば、どちらで挙式をされても全く問題はないのですが、チャーチとチャペルが混じって候補に上がっている場合などには、何を基準に挙式される場所をお選びになっているのか、ロケーションを第一に挙式される場所を選びたいのか(たとえば海が見える場所など)、それとも、歴史や由緒など重みのある神聖な場所で挙式をされたいのかをお二人ときちんとお話をして確認するようにしています。




プランナーが本音で語る ハワイ挙式・成功の秘訣
  • その1: ハワイ挙式の準備を始める前に
  • その2: 式場選びと準備スタートの時期
  • その3: 教会に合わせたドレス選びを
  • その4: 挙式を彩る上手なオプション選び
  • その5: 知っておきたいパーティマナー
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。