クレイドル山でトレッキング体験

普段、ツライことキライなガイド・平野ですが(笑)、こうしてオーストラリア各地に出掛けると、ほとんどどこでも、トレッキング=ウォーキングをしてみます。それは歩くことで、自然の匂いや空気を感じることができ、途中で素敵な風景に出会うことができるから♪

オーストラリアのトレッキング・コースは、どこも個人で歩くことができるけれど、まず最初の日はトレッキング(ウォーキング)・ツアー=ガイデッド・ウォークに参加してみるのがおすすめ。

レモンの香りがする野草
ツアーに参加することで、ツアー・ガイドからその地域の特性やよく見られる草花、木、動物などについて説明してもらえるので、次回(翌日など)に自分で歩く時にとても参考になります。

トレッキングの聖地として、世界中からトレッカーがやってくるクレイドル山。その理由は、実際に歩いてみるとよくわかります。

とてもわかりやすい案内版
まず、トラック(歩道)がとてもよく整備されていること。そして、世界遺産ならではの素晴らしい自然をすぐ身近に感じることができるということが、その最大の理由なのだと思う。(以前歩いたニュージーランドのコースは、標識や案内がイマイチで足場も悪く、ツラかった…)

今回参加してみたのは、「ウォンバット・プール&湖ウォーク」という、サーキット状に周って元の場所に戻ってくる約3時間半のコース(*)。

途中で見られる滝
半日で歩けるし、食事の心配もいらないこのくらいのコースが(初めての方にはとくに)おすすめ。 ツアーでは、途中で滝を見たり、植物などの説明などを聞きながら行くので、歩きっぱなしでヘトヘト…なんて心配もなし!また、湖畔でのティー・ブレイク(休憩=美味しいビスケット付き)も楽しみのひとつ♪

この日、60歳以上のご夫婦2組も参加。途中、休み休み息を切らしている場面もありましたが、皆問題なく完歩(?)。皆さん、とても満足そうでした!

クレイドル山には、30分程度の短いコースから、何日かかけて歩く長いものまで、20以上のコースがあり、老若男女問わず初級者から上級者まで、すべての方のニーズに合わせることが可能。

ティー・ブレイクのひととき
是非何日か滞在して、ゆっくりとこの地区の大自然を味わってみてください。素晴らしい風景や珍しい草花はもちろん、早朝や夕暮れ以降なら、野生動物たちにもバッチリ出会えるはず♪ガイドもウォンバットの親子をはじめ、多数の動物達を発見!(出会った動物達は次のページで紹介しています)

日本の春休みは、ちょうど紅葉が美しい季節。あなたもタスマニアで“癒しの紅葉トレッキング”なんていかが?

(*)=このコースを歩くツアーは、クレイドル・マウンテン・ロッジで催行。その他のコースを歩くツアーもありますし、国立公園管理局(TEL/03 6492 1133)でもツアーを催行しています。

【関連記事】山吹色の季節 -南半球で紅葉狩り
         …タスマニアでの紅葉トレッキング等を紹介

【関連サイト】
タスマニア
大自然を体感する!
釣り総合ガイド  by AAJアウトドア
散歩/ウォーキング/歩く旅  by AAJアウトドア