海外を旅していると、どうしても毎日西洋スタイルのホテルにばかり滞在することになって、ふと日本の旅館が恋しくなったりする。

ゆっくりお風呂に浸かって、浴衣を着て、部屋出しの夕食に舌鼓。「あぁ、旅館っていいなぁ…」なんて、海外旅行では無理な願い――。

いえいえ、そんな無理と思える願いも、オーストラリアでならノープロブレム!

オーストラリアを旅していて、ふと“旅館で和みたい症候群”に駆られたら、直行したいのがビクトリア州にあるHepburn Springs/ヘップバーン温泉(スプリングス)。 ここには、オーストラリアで、 いやおそらく日本国外(海外)で、唯一の本格和風旅館があるのだ!

ヘップバーン温泉は、メルボルンから車で約1時間半と、比較的行きやすい場所にある、オーストラリア最古級の湯治場。この周辺地域は、1850年代のゴールドラッシュ時に鉱泉脈が数多く発見され、スパ・カントリー(温泉地区)として知られている。

そのヘップバーン温泉地区に、ひっそりと佇む和風旅館が『Shizuka Ryokan/静旅館』だ。

静旅館は、オーストラリアの民放テレビ局「チャンネル9」の旅番組でも紹介され、オーストラリア人に“Ryokan(旅館)”という言葉を定着させた、本格的な純日本風旅館。

一体どれほど日本的なのか?オーナーは誰??…というわけで、稀なる日本国外純和風旅館の“本格”ぶりを総チェック!