オーストラリアの英語事情

オーストラリア人

公園のベンチで読書するオージー

世界には、オーストラリアをはじめ英語圏の国がたくさんあります。確かに「英語」としてはどの国でも通じるのですが、それぞれ国よって単語の言い回しや発音、イントネーションなどが異なります。

移民の多いオーストラリアでは、英語だけを使う家庭の割合は8割。残り2割の家庭では英語以外の言語も使っていて、それぞれ出身の国によって訛りもあり、聞き取りにくいこともあります。

またオージー(オーストラリア人の通称)はとにかくスラングが大好きなのでオージーがよく使う『オージー英語(オーストラリア英語の通称)』を知っておけば、オーストラリア旅行の楽しみも広がるはず! 今回は観光でも使える英語を中心にオージー英語とコミュニケーションについてご紹介します。

覚えておきたい、オージー英語の発音

オーストラリア英語は歴史的にイギリスの植民地だった歴史からも基本的にイギリス式に近い英語が使われています。しかし、イギリス出身の移住者の方とオーストラリアで生まれ育ったオージーとは発音も異なります。

オージー英語の発音の大きな特長はA「エイ」の発音を「アイ」と発音すること。例えば、名前=name「ネイム」は「ナイム」となり、日=day 「デイ」は「ダイ」のようになります。What is your name?「あなたの名前は?」なんて中学の低学年で習うような英語を聞かれているだけなのに名前の部分が「ナイム」と聞こえてしまうため、またオージーは皆比較的、話すスピードが速いため、こんな簡単な会話さえ何を言ってるかわからずへこんでしまうことも……。

ニュースのアナウンサーでさえ、「今日の天気は……」と話すとき、「トゥダイの天気は……」という具合。この基本的な発音の特長を知っているだけで、意外と聞き取れる単語が増えると思うのでまずこの発音の基本を頭に入れておきましょう。