英語でも英語じゃない!?これぞ豪語
英語は英語圏なら、どこでも同じ、どこでも通じる…と思っていませんか?

日本国内でも『関西弁』とか『東北弁』など、各地方に“方言”があるように、英語にだって方言があるんです!

ここオーストラリアには、他の英語圏では使わないオーストラリア独自(?)の『Aussie English/オージー(又はオジー)・イングリッシュ』と呼ばれる英語があって、外国からの旅行者だけでなく、英語の本場イギリス人でさえ、わからなくて困ってしまうのだそう。

Aussie Englishは、英語辞書の大御所『OXFORD ENGLISH DICTIONARY』にも、載っていなかったりする謎の英語…。初めて聞いたら、赤面してしまうものや全く推測不能のものもたっくさん!

これぞオージーなおじさん(笑)

だから、覚えても他じゃ使えないので、役に立つってことはほとんど無いと思うけれど(笑)、オーストラリアで地元の人と触れ合う時に、会話の中に出てきても慌てず(?)に済むと思うし、何より、オーストラリアの奥深さ(…といえるのか?)と面白さがグ~ンと増すはず。また、ちょっと覚えておいて、普段の会話の中で使ってみたりすると、意外とウケるかも?

…というわけで、意外にや好評だった第1回目から早2年。さらにパワーアップして、お届けする第2回目の『オージー弁』講座。 “辞書も知らない” おまけに、“ほとんど使えない”英語講座のはじまり、はじまり~♪


 

この意味わかりますか?

第2回目は、クイズ形式にしてみました!オージー弁では、本来の単語とは、まったく違った意味で使われているものもあります。だから、なおさら厄介…(苦笑)。

さて、あなたはこの単語の意味、わかりますか?思いもかけない答えに、きっと仰天(?)し、大笑いすることウケアイです。

読み方(発音)
単語(綴り) ヒント
ブラジャー bludger 女性の下着の…じゃなくて、オージー達は自分のことを言ったりもします。
ガーボ garbo あなたの町にもいつもやって来ています…ってか、来ないと困ります。。
サーボー/セルボー servo これと関係深いものが、最近高騰していますね…。
ドケット docket オーストラリアでは、本来の意味とは違う(?)ものを指します。税金対策には欠かせません!
マンチェスター manchester 都市名ではありません(笑)。日常欠かせないもので、どこの家にもあるはず。
ボグオフ BOGOF 倹約家にはとくにうれしい!日本ではこういうやり方ってあまりないかも??
ドゥーナ doona ほとんどの人は、一日の終わりにこれを使うはず。
ビッグ・スモーク big smoke 想像すると、それはたしかにそんな風に見えてきます。
ユニ(ー) Uni 日本はここへ行く人の率が高いのだそう。

※印の単語は、アメリカの田舎(?)、または昔のイギリス(?)で使われる(使われていた)こともあるようですが、真相は不明…。