なんだか聞きなれない『BYO』。でも、この意味を知らないと、大きな損(!?)をすることに・・・。

BYOとは、Bring Your Own のそれぞれの頭文字をとった略語。オーストラリアに来たならば、レストランでその言葉を見たり聞いたりするはず。そのBYO=Bring Your Own の意味するものは、「あなたの好きなお酒をお持込ください」ということで、これこそオーストラリアならではの、便利でオトクなシステムなのだ!
オーストラリアのレストランでは、アルコール類を扱う(お客にお酒を出す)ライセンスの取得が厳しかったため、いちいちライセンスを取らずとも、客が自分で好きなお酒を持ち込んで、楽しく飲みながら食事ができたらいいじゃないかと考えてこういったシステムができた。(なんと、合理的な!)

BYOが可能な.レストランは、中~小規模で料理も手頃な価格である場合がほとんど。高級レストランはさすがに Licenced といって「酒類取り扱いライセンス」を取得していて、オリジナルのワインリストを用意しているため、BYO不可の場合が多い。
しかし、「食事を楽しむためには、日頃からお気に入りの1本が必要」と考えるレストラン・オーナーもいて、高級レストランでありながら、『BYO可』としているところもある。(こういう場合は、『Licenced and BYO=店で頼んでも持ち込みでも、どちらでも可』であることが多い。最上部のレストランの看板写真にある「LIC/BYO」もこの意味。)

レストランで食事をするとき、ワインを頼むとその分食事代もかさむ。しかもレストランのワインは、ここぞとばかりに高くなっているのが通常。それが BYOのレストランならば、ワインの値段を気にせずに食事だけをゆっくりと楽しめるってわけ。
これだから、週末になるとボトル・ショップで買ってきたワインを持って、レストラン街をウロウロするオージーの姿がそこここに・・・。

そこで、BYOについて徹底解説!