エステでの女磨きを安心して満喫するために。想定できるトラブル例と、その対策をお伝えします。

高額のチケットやローン契約を組んでしまって、後悔

落ち込み中
あの時はもうこれでいいと思ったんだけど……なんて後悔してませんか!?
体験エステでウェストが5センチもダウンした、顔がぎゅぎゅっと引き締まった。嬉しさのあまり薦められるがまま高額の回数券を購入……。そんなことが起こっても、不思議じゃないのがエステの凄いところ。

自分の予算内なら問題なしですが、後々支払いができない……なんてことに陥ったら、エステを楽しむどころの話ではありません。回数券やローンの購入は、お財布事情や通える頻度を考えて、最低一日、家で考えてから結論を出ししましょう。

そうは言っても「うっかり契約しちゃって」という消費者には、クーリングオフという制度があります。

【クーリングオフ制度とは】

1度は契約をしてしまったけれど冷静になって考えた結果、やはり自分にとって必要ないと思った場合に、一定期間内であれば消費者が無条件で契約解除できる制度のこと。解除には一定の条件を満たしていることが必要です。

クーリングオフはサロンに対し、書面で通知することが必要です。詳しい書き方はこちらで確認してくださいね。

⇒【関連記事】「エステトラブル解決塾 Vol.1 クーリングオフってどうするの?」

もちろんクーリングオフ制度を使うことで、契約は白紙に戻せますが、急なキャンセルはやはりサロンの迷惑です。契約を結ぶにしても止めるにしても、よくよく考えて結論を出していきましょう。

施術中、施術後におこった肌トラブルはどうする?

メイク中に気がつく!
こんな赤み、夕べはなかったー!と思ったら即相談が吉!
エステのトリートメントで、突然肌がかぶれてしまった。マシンで軽いやけどができてしまった。あってはならないことですが、施術中のトラブルは「100%ない」とは言い切れません。

サロンでお手入れを受けている時、何か嫌な刺激を感じたら、我慢をしてはいけません。
担当エステティシャンに伝えて、即刻トリートメントを中断してもらいましょう。状況をリアルタイムで見せることで、的確な対処につながります。

一方、サロンではなんともなかったのに、翌朝になったらトラブルが……そんなケースも稀にあります。そういう時も自己判断に任せず、まずはサロンに連絡を。サロンとお付き合いのある皮膚科を紹介してくれたり、紹介がない場合でもその後の治療をどうするか、きちんと考えてくれるはず。

もちろん、その時たまたま自分の体調が弱っていて何かが出ちゃうこともあります。神経質になりすぎないのが早期解決のコツですよ!


サロンでおきたトラブルは、こちらを参考に二人三脚で解決していきましょう。

⇒【関連記事】:「エステトラブル解決塾 Vol.3 サロンでおきたトラブルはこうして解決する!」