アルバのB&B、Villa la Favoritaに宿泊

photo by SAWA pasqua
美しいVilla la Favoritaに宿泊
3軒目を後にした頃は、すでに夕日。今夜の宿泊地である、「ヴィッラ・ラ・ファヴォリータ」に向かいました。

アルバ駅から車で10分ほどの丘の中腹にある「ヴィッラ・ラ・フォンターナ」は、チンチアさんおおススメの宿。「本当にBeautifulでRomantic!」と聞いていたけれど、到着すると、なるほど。おとぎ話に出てくるような素敵なB&Bでした。夕焼けに染まるアルプス、温かな明かりがもれる美しい館の佇まいに、またまた感激です。

マダムのロベルタさんに、にこやかに迎えて頂いて館内に入ると、クラシックな調度品で飾られた室内には、熟成物のグラッパも並んでいました。陶製のストーブで温まりながら、早速グラッパで乾杯。1日お世話になったチンチアさんとは、ここでお別れです。

photo by SAWA pasqua
La Favoritaの朝食はステキ
ロマンチックな設えの素敵なベッドルームに泊まった翌朝の朝食は、プライベートルームに用意していただき、朝霧の風景を窓辺に見ながら、ゆっくりと味わうことができました。どの食材もとても美味しく、ピエモンテの郷土ドルチェ‘ボネ’までたっぷりいただいた上に、最後にミントティーもリクエスト。ロベルタさんはここで料理セミナーを開いており、日本人のゲストも訪れるとか。

出発の際には、ロベルタさんがアルバ駅まで車で送って下さいました。温かいもてなしに、心に残る滞在でした。

ピエモンテのワイナリーを1日で体験できました

1日で、モンフェッラートからランゲまでの丘陵をめぐり、カンティーナ3軒を訪問したましたが、個人の足ではとても訪れることができない素晴らしい経験となりました。この土地で暮らしながら、料理研究家として幅広く活躍するチンチア・トレンキさんに案内して頂けたことを、とても感謝しています。直前まで北イタリアは長雨が続いていましたが、当日は素晴らしい天候に恵まれて、晩秋の美しいピエモンテを堪能することもできました。チンチアさんは、「ピエモンテの春と秋が好き」とおっしゃっていたし、また、是非違う季節にも訪れてみたいものです。

「チンチア・トレンキさんと行くピエモンテのワイナリーをめぐる旅」。ぜひ行ってみたい!という方は、こちらからお問い合わせ下さい。
>>>La Vacanza Italiana


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。