料理はアグリツーリズモのお楽しみのひとつ

photo by SAWA
トスカーナの伝統的な台所には、炭火焼コーナーもある
アグリツーリズモの醍醐味は、有機食材を使った「美味しいイタリア家庭料理」。 食べるだけではなく、作り方を教えてもらいながら一緒に作って覚える料理レッスン付きの アグリツーリズモもあります。

ヴェッチさん家のアグリツーリズモでは、グルメなオーナー・ヴェッチさんが トスカーナ料理をレクチャー。たいていはマンマの料理教室なんですが、ここは、 「男の厨房」。ワインやサングリアを片手に、豪快に教えてくださいます。

ヴェッチさんのトスカーナ料理教室は体育会系?

photo by SAWA
「僕のアシスタントにしたい~!」
「今回、初めて日本人の女の子たちに教えたんだけど、よく働くし、覚えもいいし、それに、 丁寧でビックリした!これからは、日本人とだけ仕事したいよ」

ヴェッチさんにそんな言葉をもらさせたのは、日本からアグリバカンスにやってきた 佐久間さんと依田さんのお2人。片言の英語と、覚えたてのイタリア語で3人仲良く料理している姿は、 ほほえましいというか、漫才のようで楽しい。

photo by SAWA
巨大フライパン!絵本「グリとグラ」を思い出す
「ジーラ!GIRA!」とヴェッチさんの野太い声に指導され、 「ジーラね、ハイハイ。」と鍋をかき回す佐久間さん。「ジーラ」というイタリア語は、 ヒマワリ畑を見て「ジーラソーレ。ジ・ラ・ソーレ」(girasole=ヒマワリ)と何度も繰り返し聞かされて、 覚えた単語。ジーラは、イタリア語girare=回す、回るの意味があります。ソーレは太陽。 そのまんま「陽・回り」ってこと。こんな風に体験しながら覚える単語は身につきますねぇ。



トスカーナ料理2品のレシピをご紹介

photo by SAWA
肉の旨みでゆであげたパスタ
今回習ったメニューはアグリツーリズモのあるディコマーノ地方の「サルサ・ディ・ジコマーノ」と、 「ポルペッティ」。

~サルサ・ディ・ジコマーノ~
短いパスタに絡めてプリモピアットとしていただきます。
【作り方】
1.厚めに切ったプロッシュートを角切りにして、オリーブオイルを熱したフライパンで炒める。
2.サルシッチャの皮をとり、中身を1にちぎりながら加える。
3.ひき肉もちぎりながら2に加えて炒める。
4.3のフライパンに塩・唐辛子を入れ、強火にし、白ワイン(シャルドネ)を一気に加える。
5.煮立ったら、塩を入れ、弱火で煮込む。
6.5にトマトを小さく切りながら加える。
7.ジーラ!かき回しながら煮込む。
8.ひたひたに水を加え、強火にし、煮立ったら直接パスタを入れて煮込む。
9.パスタがアルデンテにゆだった頃、出来上がり!

※材料は上記の通り。分量は「適当に人数分」。さすが、男の料理。

photo by SAWA
「1人20個はいけるだろ」とヴェッツィさん。…そりゃムリですって。1人3個位が適当な量です。
~ポルペッティ~
コロコロのミートボールのトマト煮です。
【作り方】
1.サルシッチャの皮をとり、中の肉をボールに入れ、塩を加えて手で捏ねる。
2.レモンの皮、レモン汁(大量)、おろしニンニク(大量)を加えて更に捏ねる。
3.粉チーズ、ナツメグ、卵を入れて、更に更に捏ねる。
4.小麦粉で硬さ調節し、コロコロのボール上に丸める。
5.オリーブオイルを熱したフライパンに4を並べて、炒める。
6.トマトを小さく切りながら加えて煮込めば、出来上がり!

※材料は上記の通り。分量は当然の如く「適当に人数分」ですので悪しからず。



photo by SAWA
と、こんなヴェッチさんの豪快トスカーナ料理は美味美味。 アグリツーリズモまでの案内等をしてくださる現地在住日本人の奥村さんが、 日本語でのレシピと材料(これには、ちゃんと分量も記載されています)を用意してくださいます。

ヴェッツィさんにトスカーナ料理を習うアグリツーリズモ滞在は
ヴェッツィさん家のアグリツーリズモから。





ガイド岩田が泊まった料理レッスンのあるアグリツーリズモ
・【南イタリア】 ソレントのレモンの楽園
・【南イタリア】 アグリツーリズモ&青の洞窟
・【ウンブリア州】 緑の森でバカンス
・【トスカーナ州】 アレッツォの田園に3泊4日



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。