朝7時30分、ホテルに迎えに来てくれるのは、革張りのベンツ!運転手を従えてローマを出発。フィレンツェに向かう高速を快調に飛ばし、 9時過ぎにプラダのアウトレットがあるトスカーナ地方の小さな田舎町「モンテバルキ」に到着。 フィレンツェから国鉄でも行けますが、駅からアウトレットまでのアクセスはタクシーのみ。 しかもこのタクシーの数が極端に少ない(田舎町だから仕方ないんですが)ため、タクシー争奪が 大変。イタリア人すら知らない小さな町に、日本人ギャルが大挙して押し寄せ、 しかも激しいタクシー争奪戦を繰り広げている・・と一時期町の話題になっていたとか。 私達は優雅に専用車で直接プラダのアウトレットにラクラク到着です。 団体バスに先を越されると外で順番待ちになりますが、 この日(2002年2月21日)は、並ばずに入れました。

■プラダのアウトレットで28euro(!)の靴をゲット
入り口で番号札(この番号札でお買い物時に提示。最後に支払いカウンターでまとめて商品を受け取ります)をもらい、 いざ中に。工場風のガランとした店内を想像していましたが、意外や意外、デパートのフロア風の店内にキチンと商品が並んでいます。 洋服、バック、靴、メンズとコーナーに分かれて見やすい店内。日本人の他に、イタリアンマダムもお買い物に来ています。 値段を見れば・・・市価の40から50%OFFは当たり前。ううん。プラダのバックが普通のカバン に見える。そしてそして。全品レジにて、さ・ら・に、20%オフ!太っ腹!(最初からそう提示すればいいのにね!)
【アウトレット心得その1】
基本的な心得は、「掘り出しモノ狙い」。 アウトレットでは、1シーズン前の商品やモデル使用のサンプル品が並びます。新商品は当たり前ですがありません。 定番モノは商品の入荷具合によってあったりなかったり。なので、あまり気合を入れてお買い物計画を立てるべからず。 お友達とかぶらない個性的なモノや、激安モノが狙い目。「とりあえず何か欲しい!」という気持ちはきっと満足できるはずです。
ちなみに私は、28euroで靴をゲット致しました。ホホホ。友人はバック6点で377euro。フフフ。

■プラダの後は、グッチへGO!
車でたったの20分のグッチのアウトレットへ。ココはグッチ、サンローラン、アルマーニが並んでいます。 路面店風にこちらもキチンとした雰囲気。値段を見れば・・やっぱり安い!!人気のジャッキーバックも、小物も結構数が豊富に揃ってる!という 印象でした。
【アウトレット心得その2】
外国人ならでは、「タックスフリー」の手続きは忘れるべからず。155euro以上からが対象になりますので、足りない場合はお友達と まとめて支払いをするなどの工夫を。グッチでは免税書類記入カウンターが用意されています。パスポートの ナンバーが必要になるので、忘れずに控えておいて。

アウトレット探検は、更に続く・・次ページへ!