往路成田→広州、復路広州→名古屋→福岡→羽田

初便記念グッズ
名古屋発の初便搭乗者に配られた記念搭乗券とANAオリジナル・ソメスサドルの皮巻き多機能ペンがプレゼントされました。
東京からの出発の場合、名古屋発が8:30ということで、名古屋での前泊が必要になりますが、ANAビジネスジェットに片道だけの利用でよろしいという人におすすめのルートを紹介します。

往路は毎日1往復(5月からは毎日2往復に増便)運航している成田→広州線を利用、復路に広州→名古屋線のANAビジネスジェットに搭乗して、そのまま福岡もしくは札幌経由で羽田に戻ってくる方法があります。この方法を使えば、出発前日の夜に名古屋へ移動する必要がなくなり、限られた時間でANAビジネスジェットを体験することができます。

今回紹介した全てのルートは、エコノミークラス「Economy BJ」往復20,000マイル、「CLUB ANA BJ」往復40,000マイルで利用することができます。特典航空券のルールを最大限活用して、広州への旅にお出かけになってみてはいかがでしょうか。


飲茶
「食は広州なり」の言葉通り、広東料理の本場広州で飲茶をはじめ、美味しい中華料理を堪能できます。
今回、1泊2日での広州でしたが、「食は広州にあり」という言葉通り、広東料理の本場である広州の中華料理はどれも絶品です。朝出かけた飲茶も、近隣の香港に比べると値段も半分以下の安さというのにも驚きました。

名古屋=広州線の就航を記念して、2月28日にANAが開設したブログ「ANAわかりやすいニュース配信」では、広州ウィークとして、初便行事の様子や新シートや機内食、ポータブルメディアプレイヤー、広州のグルメ、観光、マイレージを使ったお得な利用法などを紹介しています。


【関連リンク】
「ANA BusinessJet」名古屋=広州線新規開設
ANAマイレージクラブ国際線特典航空券
ANAわかりやすいニュース配信
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。