崩れないでキレイが続く!パウダーファンデーションの塗り方の基本とは

ふんわりシフォンやマシュマロのような、やさしくキレイな肌感に仕上がるパウダーファンデーションの塗り方をご紹介します。お化粧の順番やメイク道具の使い方などのコツも合わせて参考にしてみてください。


塗り方のルール・逆トライアングルゾーンから始める!

あ

いつも顔の中心に逆トライアングルをイメージ!

人の顔を見た時にまず視線が集まるのは、目元を中心とした顔の中心「逆トライアングルゾーン」。究極的にはここさえキレイであれば、顔の印象はキレイに映るという、大事なゾーンです。

「新見流・美のルール」では、この「逆トライアングルゾーン」からファンデーションを塗り始め、外側に伸ばしていくことで自然に陰影を作り、ハイライトやシェーディングなしで立体的な小顔を作り出します!

図のように顔の中心に「逆トライアングルゾーン」をイメージし、下地やファンデーションをまずここから塗り始め、外側に向かって放射状に伸ばしていきます。こうすることで、自然に顔の中心はしっかりとカバーされ、外側になるほど薄づきになるので、卵の表面のように、丸く立体的な小顔に見えるのです。

1.下地を塗る

顔の中心からいつも三角をイメージして、外側に薄くのばしていきましょう

顔の中心からいつも三角をイメージして、外側に薄くのばしていきましょう


 
化粧水、乳液で肌の状態をフラットにし、下地を塗る。「逆トライアングルゾーン」をイメージし、目の下にパール大の下地をのせ、顔の外側にむかって放射線状にのばしていく。

最初は手で、次にスポンジでさっとのばすと、きれいな仕上がりに。

■ポイント
下地は少量で。多いと崩れの原因になります。
日本人の肌色は黄味よりなので、ややピンクがかった色の下地を選ぶとファンデーションがキレイに発色します。

 

2. 余分な油分を取る

スポンジでやさしく行ってください

スポンジでやさしく行ってください

余分な油分を取り、顔の表面をフラットにするために、スポンジで顔全体を軽くタッピングします。

■ポイント
この簡単なプロセスひとつで、この後にのせるファンデーションの密着度と、崩れ防止に格段の差がでます。ぜひ行ってみてくださいね。

 

3. パウダーファンデーションを塗る

少しずつ、滑らせるようにぬっていきましょう

少しずつ、滑らせるように塗っていきましょう

パウダーファンデーションをスポンジで塗っていきます。「逆トライアングルゾーン」をイメージし、顔の中央から外側に向って、放射状にさっとのばしていきます。

■ポイント
目の下のくすみが気になり、ここに何度もファンデーションを重ねづけすると、ヨレの原因に。口のまわりなど、よく動くところも同じ。なるべく薄くつけ、クマが気になるようなら、下地のあと、薄くコンシーラでカバーしてから、ファンデーションを塗ってください。

あ

 


1回にスポンジにとるファンデーションの量はこれくらいです。なるべく少なめの方が崩れにくく、ベールのようにきれいにつきます。