京都で食べた料理の中にあった一品を再現してみました。 薄味に炊いた高野豆腐の煮汁に、薄くとろみをつけて、 あとからかけるという、簡単なひと手間が、料理を更においしくします。

凍り豆腐の炊き合わせ / 凍り豆腐の含め煮 / 高野豆腐のはさみ煮

 

高野豆腐の京風煮

高野豆腐の京風煮もの


使用した材料 4人分

・高野豆腐 ............4個
・昆布と鰹の出し汁 ............400cc
・塩 ............小さじ1
・しょう油 ..............小さじ1
・砂糖 ..............小さじ1
・酒 ..............大さじ1
・みりん ..............大さじ2
・水溶き片栗粉 ............少々
・塩茹で大根葉(茎の部分) ............少々


作り方

1. 高野豆腐はぬるま湯に漬けて戻し、 流水の中で押し洗いして、白い濁り水が出なくなるまで繰り返したあと、4つに切る。

2. 鍋にだし汁と調味料を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら、高野豆腐を並べ入れ、 落し蓋をして、弱火でコトコト、煮汁が1/3~1/4になるまで煮含める。

3. 器に煮上がった高野豆腐を盛りつけ、残った煮汁に水溶き片栗粉でとろみをつけ、 高野豆腐の上からかけ、刻んでサッと塩茹でした大根の茎を散らす。


昨日紹介したのは 【竹の子とピーマンと牛肉の細切り炒め】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。